2017/9月 黒柴犬・静(しず)の闘病記(3)  9月 残された時間。

スポンサーリンク

2017年9月27日。
もう少しで13歳になるハズだった、
黒柴犬の女の子・静(しず)が他界しました。

この記事は、
黒柴犬・静の最後の2か月間の闘病日記です。

これは、完全に私的な記録です。
ですので、他人様が読まれても何の意味も有りません。
もしも、犬の末期介護に興味のある方が読んだら、
少しは意味あるかも知れませんし、
全然無いかも知れません。

初 稿:2018年2月16日
第二稿:2018年9月ページ制御等改善。
<<目 次>>

  1. ショッキングな8月に較べて、9月は平穏に始る
  2. 財政再建・・・大?作戦・・・・・・・・・(^^ゞ
  3. クスリとサプリメント!
  4. 9月・後半戦へ!
  5. あぁ・・・9月も、もう終わりかけてる。
  6. 静の闘病カレンダー 9月
スポンサーリンク

ショッキングな8月に較べて、9月は平穏に始る

静の9月の事。

もう過ぎてしまった事である。
今さら、どうもこうも無い話だ。

居間に残る当時のカレンダー。
そこに記された、静の闘病のメモ。

今ぼくが、やっている事は、
それをテキストに書きなおしてるって事に過ぎない。

だけど、
あんな小さな体で病気と闘った静の事を、
せめて書き留めておかなきゃいけない。

2018/9/2 思いがけなく平穏な日々!

次から次へと事件が起きた8月に較べると、
9月はごくごく平穏に始まった。

静の病状も落ち着きを見せた。
ひところよりも元気である。

2017/9/4 自分でごはん食べられるよ

階段は無理だけど、
フロアー内なら、自分の意志で行きたい場所に行ける。
ごはんも、自立してひとりで食べる事が出来る。

静の頑張りも、もちろん有るけど。
獣医さんの腕が良いのだ。
その分料金も強気の設定で、
地方の獣医さんとしては、かなり高めらしい。

8月は、何かと言えば点滴だったけど、
ここからは、1週間から10日間隔で行こうとか、
獣医さんとは、そんな話をした。

ともかくも、
思いがけずに与えられた、ほっとする日々。
ただ、
その時点での自分達が、
その時間の大切さに気付いて無かった!

2017/9/5~8 俺出張

出張って事は事前に分かっていた。
心配していたのは、
静の状況が予断を許さぬ状況だったらどうしようか!?
かと言って、
相変わらず交替要員などいない・・・・・・・・(^^ゞ

そこに来て、
思いがけない静の好調!
図に乗って、3泊4日で出張に出かけてしまった。

幸いな事に、留守中は平穏に推移したが、
何とか行かないで済む方法は、無かったのだろか?
今になって、そんな事を考えたりする。

コメント