2013/6/10北海道・旅の準備(1) With DUCATi Monster

DUCATi Monster S2R
文句なく乗って楽しいバイクである。
その点、DUCATiの面目如実である。
DUCATi Monster S2R
しかし、ツーリング適正ってのがまるで皆無。
そんなMonsterを北海道ツーリングに適応させようって話です。

2013年6月 初稿

スポンサーリンク

基本的には、カッパひとつ積めないバイクです。

さて始めよう

そのスタイリングは、秀逸である。
今では、やや古い世代になってしまったが、
デザインは全然古くならない、美しいバイクだと思う。
むしろ現行型よりも、ずっと好きなデザインだ。

スタイルの美しさもまた、DUCATiの美点であった。(過去形)

乗って楽しく、見て惚れ惚れの、カワイイ奴なのだが、
長距離を疲れないで走るとか、ちょっとした荷物を積むと言った、
実用面に関しては、基本的に無頓着である。

ちょっと峠を走るには絶妙なポジションも、長く乗ると疲れる。
荷掛フックも無いのでは、カッパひとつ積めない

そんな事には気にも掛けずに、涼しい顔して乗るのが、
DUCATi乗りなのかも知れないが、
今ちょっと、長いツーリングを考えていて、
対策を施す必要に迫られてしまった。
この件、火急である。

さて始めよう
★DUCATi Monster S2R ツーリング最適化プラン START★

何が無くてもキャリアが必要!

ネットで探し回って、見つかったのはコレ1種類

ネットで探し回ったけど、見つかったのは、コレ1種類。
VENTURA製のキャリア。(確か、オーストリア製だったと思う)

バラで各パーツを買う方法と、
ベースセット、スポーツラック、バックフレームを
3点セットで買うが方法ある。

セットには、どう考えても使わない部品も、含まれている。
しかし、赤を選びたいなら、3点セットで買うしか無い。(う~む)
赤を人質にするとは、この制約、かなり卑劣な感じがする。

が・・・・・
バラで買って失敗する事も恐れて、無駄なパーツは出てしまうものの、
3点セット赤を購入する事に決定。
クぉ~っっっ!

組み付けてみて、やっぱし日本製と違うと思った。
精度とか、仕上げとか、取り付け方法とか(?)な点は多々あるが、
とにかく頑丈には出来ている。
DUCATi Monster S2R
こうしてみると、赤を選ぶ事が必然だったと、改めて思う。

まずは、第1段階クリアー。

北海道仕様にするなら、箱は必需品。

箱だ!箱だ! やっぱり箱が良いよね!

大型のツーリングバッグも良いと思うけど、
雨が降って来た時に、カバーを掛けたりするのが面倒。
やっぱ箱が良いヨね~。

で、こんなのを付けました。
DUCATi Monster S2R
さっきさんざんMonsterのスタイリングを褒めておいてコレかよ~!
これはさすがに、本物のDUCATiファンの人から怒らるでしょ~。

しかし、今は機能優先で行こう。(キッパリ)
実際ココまで、結構な投資をしていますから、
簡単には引き下がれないのだ。

U字ボルト3本で固定してます。
DUCATi Monster S2R
雨漏り対策として、
ゴム板で簡単なパッキンを作り、ボルトに挟み込んでます。

箱の底に、厚さ10ミリのベニア板を挟んで固定してます。
DUCATi Monster S2R
点で固定より、面で押さえるって訳です。

で外観としては、こんな感じになりました。
DUCATi Monster S2R
思ったより違和感無いかなぁ~・・・・・・・

横から、斜め後ろから
DUCATi Monster S2R
う~む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やはり、何処となく、う~むな感じであろうか・・・
しかし、
フルフェイスのヘルメット入るし、
ホッ○モットの唐揚げ弁当を入れても、
余裕しゃくしゃくです!
DUCATi Monster S2R
これで、日帰りツーリングなら、もちろんのこと、
1~2泊程度のツーリングでも、こなせてしまいそうですヨ。
便利になったという点は、疑いようも無い事実でありましょう。

内貼りを張って完成です。
DUCATi Monster S2R
目的は、中に入れた物が傷まないようにです。
素材は銀マットを使用。
(考えられる素材の中で、最も安価だった。)

付帯効果としては、
同じく銀マットで造った、内ブタをのせる事で、
ある程度の保温性を期待出来る、という事になります。
つまり、唐揚げ弁当も冷めない。

と言う事は、ウチのMonster★
世界でただ1台の、
ホット○ットの唐揚げ弁当の保温性に配慮したDUCATi★

って事になった訳です。

イヤ~、世界で1台かぁ~。
感慨無量だなぁ~
なんか、ヤッタ~って気がする。

完全防水バッグ投入!

防水性能優先で選択!

で、今回は1~2泊よりもっと長い旅の準備でした。
トップケース(?)で不足する容量を補う為、
完全防水バッグを投入しました。

時間が無いので、アマ○ンで良さそうなモノを見繕います。

で、見つけたのが、
OverBoard(オーバーボード) というメーカーの
ロールトップダッフルバッグ 60L と言う製品。
ア○ゾンのサイトの説明では、
イギリスを拠点に防水グッズを専門に扱う
スポーツ&アウトドア用品メーカーであり、
防水性については、
規格に合わせてしっかりテストをしているとの事。

60Lの容量で完全防水、おまけに価格も安いので、
買ってみました。

丁度、
仲間内で1泊のキャンプがあったので使ってみました。
60Lの容量は伊達で無くキャンプ道具一式スッポリ入りました。

コットまで入っちゃったもんナ~!
容量的には、十分な事はわかりましたが、
残念な事に防水性能のテストまでには至りません。
(勇気無くて・・・)

質感としては、
なんか生地が薄い感じだし、値段相応といった感じ、
質感を求める人は、
もうちょっと高くても日本製を買う事をオススメします。

とりあえず、キャンプ道具積んだ状態です。
DUCATi Monster S2R
なかなか、良い感じかなぁ~(うひひひ)

使い勝手も悪く無いし、取りあえず積載の問題はクリアーだな。

最後に!

やり残しありまっせ~

実は、当初プランでは、積載性に加え、
ポジションの改善も含まれていました。
ハンドルまわりに、少し手を入れようって考えていたんです。

が、なかなかパーツの調達が、うまく行かなくて、
そっちの方は、断念する結果となってしまいました。

自分って、外車をいじったりするには、
経験と技術と情熱が足りないようです。

国産車ならまだまだ多少は、
ツブシが効きそうなんですケドねェ。
時間も限られておりまして今回は残念と言う事になってます。

なんのなんの・・・・・・・・・(^^;
少しくらいポジションがキツくても、
涼しい顔して乗るのがDUCATi乗りってもんだい!
そういう事になったのであります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク