2015/2/26 ドナドナの予感 With Ducati MONSTER

あくまで、予定ではなく予感と言う事なのだが。
ウチのメイン機である、Ducati Monster S2R君。
DUCATi MONSTER S2R
近々ドナドナの機運なんだなぁ。

あ~、わかった。 今回はMonsterの思いで話なんだネ♪

2015年2月 初稿

スポンサーリンク

自分にとっては、違った価値観との出会いで有りました!

それを選んだのは必然だった!

外車が欲しかった訳でも無く
Ducatiにあこがれていた訳でも無かったんです。

当時、結構弱気だった自分。
高回転とか高い速度とかに依存しなくても
楽しめるバイク
が欲しかった。
(今でも全然強気では無いけど)

それには、
750cc~1000cc位の排気量で、
2気筒で空冷なんて感じで、
出来るだけ軽量・軽快なバイクである事。

そんな方向性で、車種検討した訳なんですが、
当時の国産車では、そんなモノは無かった。

2018年の現在であれば、
YAMAHA の MT07 とか
SUZKI の SV650 なんかが、
ジャストミートである。

で、国産車と言うワクを取り払った時に、
引っ掛ったのがコイツだった。

空冷L型2気筒800ccはドンピシャリだったし、
当時の大型ネイキッドバイクとしては、
ダントツに軽量だった。
DUCATi MONSTER S2R
何よりも、
赤いボディに白いホイールの鮮烈なデザインにヤラれた
1000cc版もあったのだけど、
ツインプラグなんて凝ったエンジンなのでやめた。
よりシンプルなメカの800cc版を選んだ訳です。

それで、当時既にモデル末期に近づいていたコイツを、
新車で購入したのでありました。

DUCATi MONSTER S2R
この洗練されたデザイン!
今でも美しいと思う。

歴代Monsterの中でも傑出したデザインだと思っている。

その格別の楽しさこそ、イタリア車だね!

そして何よりも、運転して楽しいバイクだった。
つたない自分の経験の中では、
運転していてこんな楽しいバイクを他に知らない

思い通りに! 
イメージ通りに!バイクが動いてくれる快感
軽い車体と丁度良いパワーのおかげなのだろうか?
ツーリングペースで走るだけで十分楽しい。

高回転とか高いスピードに依存しない楽しさ
購入目的は、見事に達成されていた。
DUCATi MONSTER S2R
反面、
長距離と言うか、ツーリング適正は皆無に等しい。
ネイキッドバイクとは思えない強い前傾に、
幅の広いハンドルという特異なポジション。
峠を流す時には、なかなか具合が良いけど、巡航はツライ。
30分も乗れば、両肩が痛くなり始める。

そんなだから、
『2時間ほどヒマが出来たから、ちょっとイロハ坂に行ってくらぁ♪』
そんな使い方が、一番マッチしている。
まるで、北関東人の為に造られたバイクのようである♪
DUCATi MONSTER S2R
例えば、ブレーキのタッチ。
コイツの前に乗っていたCBR954RRのブレーキは、
カツーンと効くタイプのブレーキだった。
良く効くブレーキってそういう物だと思っていた。

最初にコイツのブレーキを掛けた時
『なんでこんに効かないのか?』と思った。

効かないのでは無かった。
『カツーン』では無く『じわ~っ』と効くブレーキだったのだ。
『じわ~っ』だけど、ちゃんと効いていたのだ。

『カツーン』か『じわ~っ』は、好みの問題かも知れないが、
パニックブレーキ時、ロックするまでに出来る事は、
確実に『じわ~っ』のほうが多いと思う。

『ブレーキのタッチ』と言う言葉の意味を初めて知った。
DUCATi MONSTER S2R
積載性の無さにも驚いた。
タンクバッグもシートバッグも装着出来ず。
荷掛フックのひとつも無い。

カッパひとつ積むところが無くて、
どうやって持って行くか悩まなくてはならなかった。

仕方が無いので、最初の頃は、
ツーリング道具の全てをリュックに背負っていた。

ただでさえ、すぐに両肩の痛くなるバイク。
たいした荷物じゃなくても、リュックは結構負担になる。

それに耐えきれなくて、
なんとか、積載性の向上を目指した。
DUCATi MONSTER S2R
結果、キャンプにまで行けるようになった。(笑)

正しいドカ乗りの人には、怒られそうであるが・・・・・・(^^ゞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク