野口シートに張り替えた理由 for YAMAHA WR250R

スポンサーリンク

足付きとの果てしない戦いの果てにたどり着いた場所。

足付きとの果てしない戦い。
最後にたどり着いた野口シート。
オーダー~納品までの記録です。

初 稿:2020年3月

スポンサーリンク

野口シートに張り替えた理由 for YAMAHA WR250R

◆◆◆ 目  次 ◆◆◆

  1. 野口シートに決まるまでには歴史が有る。
  2. 野口シート・オーダーから納品まで記
  3. 張替え完了。野口シート降臨!

野口シートに決まるまでには歴史が有る。

元々盆栽傾向・・・・避ける事が出来なかった。

WR250Rなんて高性能なバイク!
乗りこなせるなんて思ってません。 
性能目当てで乗ってる訳では無いのです。

自分、50代後半であります。
60歳を越えれば収入激減は既定路線。
バイクに金を注ぎ込めるのもそこまでの数年間。
なんて背景もありまして。

WR250Rは自分にとって最後のフルサイズ・オフ車と位置付け。
(1).多少の出費容認。
(2).外見重視。
(3).自己満足当然。
と、三つの基本理念を定めておりまして、 
自然、盆栽化必至の運命であったのです。

今まで高嶺の花とあきらめていたパーツでも、
このWR250Rには投入も止む無し
当初からそう考えてたいくつかのパーツがあって!
そのひとつが野口シートでありました。

足付きとの果てしない戦い!

自分、身長162cmの昭和ジジイです。
そもそもシート高895mmのWR250Rに乗る事自体暴挙でしか無いのですよ。

納車その日から始まった、
シート高との終わりなき戦いは今も続いてます。

最初の戦い! 納車時の戦い!

2017/6/4 162cmの挑戦→返り討ちローダウン with WR250R
YAMAHA WR250R 値段と性能とシートが高いバイクらしい。 値段の高さ → 晩酌やめて穴埋めします。 性能の高さ → 少しでも引き出せるように練習します。  シートの高さ → はて・・・・・・・・・・?

db’s製シートとEFEX製ローダウンリンクの導入で、
取りあえず乗れるようになりました。 

ヨカッタ・・・・・・・(^^;
ヨカッタ・・・・・・・(^^;
しかし、
次なる試練が待ち構えてました。

足付き悪化。 オフロードブーツの戦い!

まぁ分かっていた事ですが
アルパインスターのMXブーツを履いたら、
足首ガチガチで足付き極悪化!

尻ずらし片足ケンケンで対応していましたが、
堪りかねました。
ブーツを変えるという反則技に出てみた訳です。

2019/12/15 ベリック・トライアルブーツを試す(林道ツーリング前提) for YAMAHA WR250R
鬼シート高で地獄足付きのWR250R。足首固定のマジガチのモトクロスブーツでは半端なライダーでは泣けて来る。シフトやブレーキも厳しい。そこでベリックのトライアルブーツを試してみたよ。おおーこれはー!有りです。トライアルブーツで林道ツーリング絶対OK

ベリック・トライアルブーツは、
予想以上に良い感じで、ツンツンながら両足OK!

何か余裕すら感じるではありませんか!
調子に乗ってシートをノーマルに戻してしまいました。

足付き再び悪化 最後の戦いはシートに絞られた。

これが想像以上の状態悪化をもたらした!
再び片足ケンケンに逆戻りです。

若い頃なら無理も効いたカモですが、
もはや、対応できる程の体の柔らかさが無い!

思った以上に乗るのがツライ。
それに、平らな舗装路ばかりならともかく、
足場の悪いダート道ならどうする!?
ツーリングの荷物を積んだ状態ならどうする!?

ここまで来たら決断するしか無い!

ここに至れば当初の目論見通り、
野口シートでアンコ抜き+張替えてしまうのも一興!

って事で、
気が付いたらシート張替えに向け舵は切られておりました。

コメント