2019/1/27 オイル交換のやり方 for YAMAHA WR250R

スポンサーリンク

オイル交換作業に入ります

アンダーガードを外します

オイル交換作業の始まりは、
ある程度、オイルの温度を上げる事!

20分~30分、そのあたりを走り回ってきました。

ウチのWRは、
ラフ&ロード製 アルミアンダーガードが付いてます。
まず、そいつを外します。

このアンダーガード、
オイルドレン穴、開いてるんですがね。

ドレン穴なんてあっても、
結局アンアダーガードの裏ってオイルでベトベトになるから、
オイル交換時は外すべし!
というのが、いつものお店のメカニックさんの方針!
なので、
自分も、それを踏襲します。

オイルを抜きます

バイクの下に、ドレンオイルパンを設置。

後は、
ドレンボルトを緩めれば良い。

慣れないと、手がオイルまみれになります。
熱いですよー。
自分は、
軍手の上に、使い捨ての薄いゴム手袋を装着。
これなら大丈夫です。

オイルが抜けるのを待つ間に、次の作業の準備だ。

オイルを計ります。

オイルの量は。
オイルのみ交換→1.3L
フィルターも交換→1.4L

オイルが完全に抜けたら、
ドレンボルトを付けて、オイルを注入します。

後処理。

今回は、
廃油は、廃油処理箱で処理してます。
イエローハットのポイントが有ったので、
タダで手に入りました。

廃油受けは、
パツクリで洗った程度じゃ綺麗になりません。
パツクリ+ペーパーウェスで拭き取ります。

バイクを正立させて、
オイルレベルをチェック。

これにて作業終了です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク