2019/1/19 オイル交換のやり方 for YAMAHA MT-09 TRACER

スポンサーリンク

トレーサーのオイル&オイルフィルターを交換。

使用する部材・工具と作業手順をまとめてみました。

初 稿:2019年2月

◆◆◆ 目  次 ◆◆◆

1.オイル・交換サイクル・部材・工具

2.オイル交換作業に入ります

スポンサーリンク

オイル・交換サイクル・部材・工具

オイルの交換サイクル、どうしてますか?

オイル交換のサイクル、どうしてますか?
諸説ありますよね。

TRACERの場合、
取説の記載は10000Km走行または1年。
それではあんまりな感じです。

自分の場合は、
オイルは2500Km走行で交換。
オイルフィルターは10000Km走行で交換。
でやっております。

オイル交換について特にこだわりも無いのですが、
このサイクルだけは、ずっと守ってます。

現状の走行距離は、17500Km+ちょっと!

使用するオイルはコレ

オイルです。
自分は、ヤマハ純正を使ってます。

ヤマルーブ プレミアムシンセティック 4L

どんなグレードのオイルが良いか・・・それも諸説あります。 
消耗品として納得出来るコストの範囲で、
なるべく良い物を使えば良いと思います。

オイルジョッキはフタ付きでグー!

オイルジョッキです。
ネットで商品検索をしていたら、フタの出来る物があったので、
それを使ってみます。

キタコ(KITACO) オイルジョッキ(2L) 汎用 キャップ付属

オイルを入れる大きな口。
オイルを注ぐ小さな口。
両方にしっかりとフタが出来ますので、
使用後、保管中にホコリの侵入を防げそうです。

オイルフィルターとオイルフィルターレンチ

オイルフィルターとオイルフィルターレンチ

デイトナのオイルフィルターを使います。
ネットで入手し易かった。
採用理由はそれだけです。

あまり怪しい物でなければ、別にどれでも良いと思います。 

オイルドレンパン

廃油受け。

どうしても必要って物でもないけど、
あれば便利です。

トルクレンチ

どうしても無くてはいけない・・・
という物ではないですが、
1丁あったら嬉しいなって逸品。

KTCのデジタル・トルクレンチ!

オイル処理箱って悩ましい

オイル処理箱ですが、
自分の住んでる自治体は、燃えるゴミとして回収してくれます。
購入する前に、そこの確認はしたほうが良いと思います。

それとコスト。
廃油処理に毎回毎回数百円かかるのは手痛い。

廃油を引き取ってくれる店は結構有るらしいので、
探してみようと思います。

上記以外では、
普通の工具類、軍手、パツクリ。

あれば良いのが、
ペーパーウェス、使い捨ての薄いゴム手袋・・・そんな所でしょうか。

スポンサーリンク

オイル交換作業に入ります

オイルを抜きます

言うまでも無い事ですが、
オイル交換は、ある程度オイルが温かい状態で行います。
自分の場合は、30分ほどその辺を走って来ます。

廃油受けの準備OKです。

ドレンボルトを緩めて、外します。

オイル熱いですから、注意しましょう。

オイル熱いですから、注意しましょう。

慣れない人は、こんな感じに手がオイルまみれになります。
軍手の上に使い捨ての薄いゴム手袋してるので平気ですがね。

何度かやれば、上手く出来るようになります。

オイルが抜けるのを待つ間に

オイルが抜け切るまでに、少々時間が掛かりますので、
次の作業の準備をしときます。

オイルを計ります。

トレーサーの場合。
オイルの量は、
フィルター交換無し=2.4L
フィルター交換有り=2.7L

それに対して、手持ちにオイルジョッキは2L。
一回じゃ済まないんですよねー。

新しいオイルフィルターの、
ゴムのパッキンの部分に、新しいオイルを塗っておく。

そうしておくと馴染みが良いと言われております。

オイルフィルターを外す

オイルが抜けたら、オイルフィルターを外します。

オイルフィルターの位置は、
クランクケースの前麺にあります。

フィルター交換を行うのなら、
回りを事前に綺麗にしておきたいですね。

フィルターに、オイルフィルターレンチを被せます。

ラチェットレンチなどで、
オイルフィターレンチごとフィルターを外します。

外す時、中に残ったオイルが出て来ますよ。
注意して下さい。

オイルを入れる。

新しいオイルフィルターとドレンボトルを付けて、
オイルを入れます。

バイクを正立させて、オイル窓で油面を確認しましょう。
フィルターを交換した場合は、
数分アイドリングしたのち数分放置して、それから油面を確認する。  

←前の記事へ 次の記事へ→
YAMAHA MT-09 TRACER TOPへ戻る
バイクとツーリング TOPへ戻る
サイトのTOPへ戻る

コメント