2015/4/19 細々とツーリング準備 with YAMAHA MT-09 TRACER

スポンサーリンク

季節は進み、気が付けばGWはもうすぐソコ!
そうなればもう、
ツーリング準備をするしか無いって訳だ。
YAMAHA MT-09 TRACER
TRACERローダウンその後の話もっ!

2015年4月 初稿
2015年4月25日 ツーリング前日追記!

スポンサーリンク

まずは手回り品の対策をしてみました♪

タンクバッグのマグネットって電子機器に問題ないの?

積載性に優れたTRACER。
TOPケースも付けたから完璧・・・・・って訳じゃ無い。
ツーリングマップルとかタブレットとか手回り品をなんとかしたい。

ど~したもんかとジタバタしてたら、
タンスの肥やし状態になっていた、昔のタンクバッグを発見。

先々代のバイク、CBR954RRで使っていたバッグですので、
少なくても、8年以上は眠っていた勘定になります。

試しに装着してみると、
なんの問題も無く着けられた。
YAMAHA MT-09 TRACER
一見このまま使えそうなのだが・・・・・・・
イヤ!よく考えてみよ!
こんな強力なマグネットが付いているバッグに、
タブレットやデジカメ等の電子機器を入れて良いのか!?
何が起きるか分からないじゃないか!

実際、どうなのか良く分かりませんが、
心配のあまり、マグネットを取っ払ってしまった訳です。

外したマグネットがコレ。
YAMAHA MT-09 TRACER
とりあえず、
手近にあった鉄製のモノにくっ付けて置きましょう。

このマグネット。
今では、ガスレンジ周りの
天ぷらガードの固定に使われております。
大活躍です。
素敵な第2の人生ですね・・・・・・・・・・(^^; 

在庫になってた古い部材を活用します。

で、マグネットの替わりはコイツです。
YAMAHA MT-09 TRACER
吸盤に金属のワッシャ、キーホルダ等に使う金属リング。
昔、ハイエースの窓に銀マットを張り付けた時に使った部材の残り。
ハイエースの窓の銀マットを張ったのは、6年も前の話なので、
これらの部材は、6年間も在庫になっていたのであります・・・・・・・・・・(^^ゞ

さて取り出したのは、A4のクリアーファイルです。
YAMAHA MT-09 TRACER
適当に穴を空け、
穴の保護の為金属ワッシャを接着剤で張り付ける。
(テキト~では無い、適当です★)

そして、適当なサイズにカットします。
(テキト~では無い、適当ですヨ~♪(笑))

吸盤の石突を穴に遠し、金属リングを取り付けます。
YAMAHA MT-09 TRACER
金属リングを付ければ、吸盤は脱落しないし、
使い勝手にも貢献します。

裏から見ると、こんな感じ!
YAMAHA MT-09 TRACER

意外なくらい簡単に装着完了!
YAMAHA MT-09 TRACER
しっかりくっ付いてるし、脱着の手間も問題になるほどでもありません。

接着剤だけは買ってきたものの、
ほぼ手持ちの部材で作業完了でした。

人は先入観の下僕である。

ふと、
何故このタンクバッグいままで眠っていたの?
・・・・と考えた。

それは、先代バイクのMonsterのタンクがポリ製で、
マグネットを受け付けなかったからである。
寅さん風に言えば、
『色が白くて喰いつきてェが、
  あたしゃ入れ歯で歯が立たねェ』って事である・・・・・(^^ゞ

しかし、この方法なら使えたんじゃねェの?!

それに気が付いた時、
自分しばし言葉を失ってしまいました。

なにしろ、タンクバッグは8年眠っていたのだし、
部材は、6年眠っていたのだから・・・・・・・

つまり、こういう事でしょ!
Monster→積載悪いもんね→最初からあきらめていた。
TRACER→積載良いハズ→なんとかなると思った。
よ~するに、思い込みだよね。

良くわかりました、自分、未熟でありました・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

コメント