黒柴犬・静(しず)の闘病記(2) 土砂降り8月底の底 2017/8月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

困難な状況(2)・ケイレンが来たる

8/18 比較的平穏な日・・・・嵐の前だった

廊下でたたずむ、静。
黒柴 静 闘病記
何を考えているのか?、
何も考えていないのか?・・も・・・・分からないが、
ともかくも、比較的平穏な日が続いた。

思えば、嵐の前だった。

8/19 そして、それが来た。

点滴を打ってもらって、うんちもキチンと出て、
安心していた所だった。

夜になって、
突如、静は全身のケイレンに襲われる。
2分間くらいだっか?
果てしなく長い時間に感じた。

全身ケイレンの姿。
今思い出しても、ゾっとする。

ネットで調べてみると、
犬てんかん・・・という状況に近いと思う。

全身のケイレンで、
意識は無いので、苦痛は感じないらしいが、
無呼吸状態になるので、
最悪の場合、脳に障害が残る事もあるらしい。

その夜は、それで済んだ。

そして、翌朝。

8/20 ケイレンの静、赤いシロップをもらう。

日曜日であるが、仕事が入ってる。
どうか平穏な日でありますように・・・・・・・と思ったけど、
そうは問屋が卸してくれない。
朝、再び、静はケイレンに襲われた。

10人程の業者を手配済で、仕事は中止も延期も出来ない。
今更、他人に替わってもらう事も出来ない。
もともと交替要員なんかいないし。

静の事は、妻に託し、
泣く泣く仕事に出た。

妻は休日の獣医さんにお願いして、
静の診療をしてもらう。

ケイレンの薬は、赤いシロップ。
『この薬を使うと、腰が立たなくなる可能性が高いです。』
と説明されたところで、他に選択肢も無い。

点滴して、赤いシロップもらって帰ってきた。

結果として、
(1)ケイレンの再発は無かった。
(2)足腰にダメージ。でも・・・・・・・・

腰が立たなくなる可能性が高い、との説明だったが、

そうなんだ。
こんなに痩せて衰弱しているのに、
フラフラながらも静は立ち上がって見せた。

すごいぞ静!

これぞ、柴犬の心意気ってヤツだ!

8/21 幸いな事に、ケイレンの再発は無い

ごはん!
手で器を持ってやれば、自分で食べられるようになったよ。
黒柴 静 闘病記
記録的に雨ばかりのこの夏。
今思えば、
もしも、
カンカン照りの猛暑だったら、
静は、8月を越える事も出来なかったかもしれない。
黒柴 静 闘病記
神様に感謝だね。

8/22 なんだか笑ってるように見える

黒柴 静 闘病記
何か嬉しいのかい?
それとも楽しいのかい?

8/24 俺のふとん、占領された!

枕、臭いね~・・・・・・・・・(^^ゞ
黒柴 静 闘病記
ほっとけ!

8/26 小さい事だけど、それは明らかに転機だった!

夜、寝ている俺に、静が近づいて来た。
静の進行方向に、丁度俺の頭がある。
またどうせ、
俺の顔を踏んで乗り越えて行くんだろー・・・
好きにせいや・・・・・・なんて思ってたら、

近づいて来た静は、
俺の顔をペロリと舐めると、
綺麗に俺を回避して、
向こうのほうへ歩いて行った。

なんてこった!

明らかに、周囲の状況が分かってる。
俺が人間で、飼い主って事を理解している。

なんてこった!

この事は、
今月で・・・いや!静の介護生活の中で、
一番うれしかった瞬間であった。

そしてそれは、
確かに、転機となったのである。

8/27 庭をながめる静。

以来、静は。
徘徊もだんだんと収まって、
周囲の状況も分かるようになって行く。
黒柴 静 闘病記
ただし、赤いシロップのせいで、
以前よりも、フラフラな歩きではありますが。

8/30 うんち出たよ~

形のしっかりした、健康的なヤツ!
黒柴 静 闘病記
こんな物が、スゲー心強かったりした。

今日は、お母さんのふとんで寝るの。
黒柴 静 闘病記
フロアー内なら、
自分の意志で行きたい所へ行ける。

8/31 零兄ちゃんと

この時期の、
零との2ショット写真って、貴重なんです。
黒柴 静 闘病記
しかし、
静のヤツ、ふた回りもちっちゃくなったな。

大変だった8月が、
ようやく終わろうとしてる。

思いがけずに、平穏な日々が訪れた。
もちろんそれは、期間限定の物なのだけど、
それについては、考えないようにしていた。

コメント

  1. みき より:

    全部読ませていただきました。
    私にとって、ものすごい意味のあるブログでした。
    愛情溢れる日々の生活と介護、静ちゃん幸せでしたね。
    私も我が子をこんな風に介護できたら、きっと幸せに旅立ってくれるなぁ……と。
    本当に意味がありました!

    ありがとうございました。
    その後ゼロちゃん、元気かな?

    • 小犬のプルー より:

      みきさん こんばんわ。
      子犬のプルーです。
      コメントありがとうございます。
       
      こんな長い記事を読んでいただけただけで、
      書いた人間としては感激です。
      また、 
      このような私的な記録が、
      みきさんにとって、多少なりとも意味があったなら、
      幸いであります。
       
      静を見送って、そろそろ1年になります。
      別れはつらいけど、
      良い思いでを沢山残していってくれましたよ。 
       
      零は、この夏の暑さが随分と効いたようです。
      だいぶ涼しくなりましたので、
      今は元気でやっております。