2006夏 欲しい欲しい病発症! YAMAHA TTR125LWE Story(1)

犬を飼い始めて、困った事が出来た。

狼のDNAを持つわんこ族は、
群れで行動し社会生活を営む。

日本語には「番犬」なる単語が有り、
犬は留守番上手と思う人も多いが、ウソである。

短時間でも群れと離れることは、たいへんな不安を感じるし、
構成員がひとりでも欠けると、
それはそれは、とても心配になるのである。

家族のひとりがちょっと一泊の出張にでも出ようものなら、
わんこ達は、心配で夜も眠れないのである。(本当)

ほんの10分離れただけの再開で、
尻尾フリフリ耳ペッタンで大喜びするのは、
そういう動物だからであって、
別に過保護のせいではないのである。

人は、そういうわんこ達を置いて、
ひとりで泊りのツーリングに行けるだろうか?
い~え、それは出来る訳がありません。(2重否定)

しかし、泊まりのツーリングに行けないのは、ツライです。
『この仕事にケリ付けたら、北海道にツーリングだ!』
そう思って日々耐え忍ぶのが、
日本の平均的なサラリーマンなのにねェ

なんとか良い解決策は、無いものでしょうか?

幸い当時、ウチのクルマはミニバンでした。
こいつに、犬もバイクも必要なもの一式すべて積み込んで、
北海道キャンプ旅行なんて、どうであろうか・・・・・
なんて考えると、夢がひろがるのでありました。

クルマに積めるバイクというと、
まず誰でも思いつくのが、H社の「猿系」。
ええ、当然それはまっ先に考えました。
ウカツにも自分、「猿系」ならパーツ豊富で、
カスタムも楽しめて良いんじゃない・・・・・
などと思ってしまったのです。

しかし自分、
1/144ストライクフリーダムガンダムのプラモすら、
途中で飽きてしまって、ほっぽりだす人間であります。
カスタムなど自分でやる訳無い。
それに「猿系」じゃ林道行けないじゃないか・・・
と言うことで、ボツ!

イメージは、ミニトレ80!、XE75!
って古すぎかぁ、、、、
CRM80!みたいな感じが理想。(それだって古い)
本音は、「4ストならせめて100CCくらい欲しい」のであります。
そうすると、XR100モタードということになります。
これも、一瞬騙されそうになりました。XR100という名前に!
「あのXR100のモタードなら、
比較的容易にOFF仕様に戻せるか?」
淡い期待が胸をヨギリましたが、実車を見て、
「なんだよコレ、エ○プの外装変えたダケじゃん!」
実際そんなコトは無いのですが、
その時はそう見えたんです。で、これもボツ

あとは、KSR110というのも有りますが、
小径ホイルのレジャーバイクということで、ボツ!

そんな時期、ネットのどこかで、
輸入車でTTR125LWEというのがある事を知ったのです。
YAMAHAブランドなのですが、プラジル製で紛れもない輸入車です!
大きさが最適のミニMXサイズ、しかも4スト、セル付き!
ピキーンと来ました。「これだ!これだ!」
林道走行バッチり、
遊びのエンデューロなんかも出れそうだし、
トレック遊びも、トライアルごっこも出来ちゃうかなぁ?

あぁ、夢のようなバイクだなぁ、、、、と、
勝手に期待に胸を膨らませておりました。

しかし、当時の自分は、
バイクを3台所有しており、
しかもロクすっぽ乗る時間がなくて、
毎年バッテリーを買い換える始末。

とても、
バイクを増やすことなど考えようも無いのでありました。
とほほほほほほほほ・・・・・

現在(2012年)の状況では、TTR125のシリーズは、
カタログ落ちしてしまっています。(涙)
それとは別に、国内向けにKLX125というバイクがあって、
ほぼ同じサイズのトレール車です。
砂利道に興味の無い方向けに、モタードタイプまで出ています。
※KLX125のシリーズもその後販売終了になりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク