2013/05/02 メーター電池交換 with YAMAHA TTR125LWE

見慣れたYAMAHAブルーにYAMAHAのロゴ!
だけれどもTTR125LWEは、ブラジルヤマハ製であり、
由緒正しい(?)外車なのであります。

時として、外車というものは、思いもよらない事件が発生したりする訳ですが、
この日そいつがやって来た。

洗車してちょっとその辺走ってみようかな・・・・・なんて跨ったら、
なんと、メーターが死んでいた。

初 稿:2013年5月

ふむふむ、、、、、思い出した。
こいつのメーターは電池駆動だったのだ。
そいじゃちょっと、電池交換でもやろうかな。

スポンサーリンク

それでは、電池交換作業です。

メーター外します。

どうも見た感じ、メータを外すには、
ゼッケンプレート風ヘッドライトを外さないとダメみたい。
ヘッドライトを外すには、
ウインカーを外さないとネジが回せないみたい。
って訳で、まずはウインカーを外しましょう。

金属ステーにゴム部品が刺さっているダケ、
工具無しで外せます。
さすが、エンデューロ車ですなぁ。

次は、ヘッドライト。

ライト下と左右の3点のネジを外します。
いつも思うんだけど、自分指が太すぎて、こういう作業に向いていないようです。

なんとか外れました。

ここまで来れば、メータは簡単に外せます。

メータ下のボッチを押しながら、メータを前方にスライドするだけ。
って簡単なんだけど、英語のマニュアル見て調べたんだぜェ~

メータの裏に電池が入ってました。

これでようやく電池の種類が分かったので、ホームセンターへGO!
こんな感じですから、サクサクって感じじゃないよねェ

で、電池交換して、初期設定したら!

無事メーター復活と相成りました次第でございます。

それでは試運転と行きましょう!

ちゃんと動作するか、走って確認します。
せっかくオフ車なんだから、グラベルを走ろう。
って事で、いつものあぜ道にやって来ました。

こんなあぜ道でも、ダートは楽しい。

っと思ったら舗装されていました。

このようなあぜ道に舗装工事を施すには何ゆえ?
これって例のアベノミクス?

ま、メーター治ったから良いか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク