2006/11/26 納車? YAMAHA TTR125LWE Story(2)

結局、なんだかんだで、買ってしまいました。(わははは)
YAMAHA TTR125LWE

初稿 2006年12月

スポンサーリンク

欲しい欲しい病には勝てないス!

購入のいきさつはですね~・・・・・・・・・(^^;

諸般の事情で、所有していた3台手放しました、
手元にはいくらかの現金。
いままで出費した額に比べると、
なんと言う涙金(茫然自失・・・)

しかし、それは偶然にも、
TTR125LWE1台を購入する費用とほぼ同額。
諸般の事情はあるものの、ちいさいバイクだし、
維持費の安い125なんとか取り繕れそうです。
(根拠無し)

それでは、見て行きましょう TTR125LWE

大きさ比較の為、柴犬を置いてみました!
YAMAHA TTR125LWE
これで、バイクの大きさが良く分かりますネ♪。
えっ!良く分からない!?
気になる人は、あとで仕様緒元を調べてみましょう。

外見は、なかなかカッコ良いです。
ちいちゃいクセに、モトクロッサールック。
YAMAHAブルーが泣かせます。
保安部品も思ったよりずっと良い物がついていました。
エンジンの音も、拍子抜けするほど静かでした。
特製バッフルの効果でしょうか?

乗った感じも、まったく普通。
心配していたMXタイヤも、ごくごく普通に舗装路を走ります。
謎のデジタルメータが、なかなか笑えます。
当然ニュートラルランプなんて内臓されていません。
メーター照明も無いので、夜は困るか?
いえいえ、夜は乗らないから問題無しです。

イグニッションスイッチは、ブレーキホースが邪魔して、
とても使いにくいのは良しとして。
泥除けと称する、
ゴムのカバーがついたキーには笑いました。
(これも使いにくいケド)

購入したショップの社長はじめスタッフの皆様から
「ちゃんと慣らししろ~」と言われたので、
「ハイ分かりました」と、ちゃんと慣らしやってます。
タコメータ無いのでエンジン回転数わかりませんが、
ひたすた50キロメートル毎時で走ります。
(これが辛いんだよ~)

車体のちいさいことと軽いことが、
ホント嬉しいです。キビキビ走ります。
乗るのが楽しい♪、なんにも気になりません。
ホント~に、あのミニトレの再来のようです。

慣らし中ですが、ちょっと田んぼのあぜを走ってみます。
ホンのちょっとダートに踏み入れただけですが、
楽しい予感がビシビシ伝わってきます。
軽いこと、小さいこと、扱い切れるパワー!

早く慣らしを終わらせて、林道か川原に行きた~い!

YAMAHA TTR125LWE 写真特集

YAMAHA TTR125LWE
エンジンまわりです。
エンジン前部にセルモーターが、
後部に、バッテリケースが!

YAMAHA TTR125LWE
エンジンの斜め上に、
リヤショックのリザーバータンク!
調整可能なタイプです。

YAMAHA TTR125LWE
フロントは立派なDiskブレーキですが・・・・・

YAMAHA TTR125LWE
リヤは、素敵なドラムブレーキです。(爆)

YAMAHA TTR125LWE
ハンドル周り。
イグニッションは、ブレーキホースが邪魔で使いにくい
左側に謎のデジタルメータ!
右側に意外な装備のチョークノブ。

YAMAHA TTR125LWE
キャブがあんな奥に、、、
それでチョークを引き出した?
ガソリンコックは、なんとリザーブ付き。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク