2017 ~7月 黒柴犬・静(しず)の闘病記(1) そこに至るまで

スポンサーリンク

2017年9月27日。
もう少しで13歳になるハズだった、
黒柴犬の女の子・静(しず)が他界しました。

この記事は、
黒柴犬・静の最後の2か月間の闘病日記です。

これは、完全に私的な記録です。
ですので、他人様が読まれても何の意味も有りません。
もしも、犬の末期介護に興味のある方が読んだら、
少しは意味あるかも知れませんし、
全然無いかも知れません。

初 稿:2018年1月28日
第2稿:2018年9月ページ構成見直し
<<目 次>>

  1. 黒柴犬の静(しず・Sizz)
  2. 忍び寄る災厄・ちいさな異変
  3. 初夏~夏・運命は変転していく
  4. おまけ!
スポンサーリンク

黒柴犬の静(しず・Sizz)

静の事。

黒柴犬の静(しず・Sizz)
2004年11月19日生まれ。
1ヶ月先に生まれた腹違いの兄・零と、
時にはケンカもしつつ仲よく暮らしておりました。

静は、小犬の頃、心臓の障害が発見されてます。

弁が良く閉まらなくて、
送り出した血液が心臓に逆流して肥大してしまう。
激しい運動は無理で、何時ポックリ行っても不思議は無い。

静が子犬の頃その話を聞いて、
飼い主としては悲観に暮れて、
静は長生きは出来まいと覚悟したものでした。

クスリで症状と進行を抑えて生きて行く。
以来10年以上、
月1回通院して、クスリを飲み続けて来ました。
正直、10年以上も元気で過ごせるとは思って無かった。

それ以外でも、何かと獣医さんの世話になる事が多くて。
あまり健康面で強く無くて、金も手間もかかる仔だった。

静の過ごした日々

とは言いながらも、
日常生活は元気なもので、
休日は、クルマでいつもの公園へ。

時にはキャンプ旅も、

飼い主夫婦は共稼ぎだったので、
どうしても留守番が多くなりがちではありました。

でもまぁ、
まずまず幸せに生きていた・・・・・
と思っております。

そんな日々を過ごしておりました。

静の闘病記。
2017年8月~9月の2ヶ月間の出来事が、記述の中心になります。
が、それにはやはり、前触れと言うべき事象がありました。

話は、2016-2017年の冬から始まります。

コメント