聞きかじりDIY・断熱加工(5)シート下断熱 with ハイエース200系5型

今回は1列目シート下の断熱を実施した記事です。

キャブオーバー車の断熱を考える上で、
大変重要なポイントになります。

初 稿:2019年10月

<<目 次>>

  1. 鉄板にペフを貼るだけの簡単なお仕事です
  2. それでは作業です。・メイン作業編
  3. レジャーシートで、エンジンフードカバーを作る
スポンサーリンク

鉄板にペフを貼るだけの簡単なお仕事です。

作業概要・1列目シート下断熱

1列目シート下の断熱を行います。

キャブオーバー車のハイエースは、
一列目シートのすぐ下にエンジンが収まっております
その境界は、エンジンフード(鉄板1枚)だけです。
夏場の熱対策の重点ポイントです。

天井・側壁の断熱で使った東レのペフが、
まだ余ってますので、それを使います。
余った部材で済んだので、断熱材の費用はゼロです
その他、
わんこの毛対策用のレジャーシート代が、
2000円程度
でした。

当別な工具が必要なんて事も無いです。

作業の手順は、
(1)コンソール、運転席、助手席を外す。
(2)純正カーペットをめくる取る。
(3)エンジンフード(鉄板)にペフを貼る。

ってな具合です。

今までの断熱加工作業の中では、
難易度低い作業です。

↓ペフを使った天井断熱の記事はこちらです。
https://strawberry-julep.jp/archives/2975

天井メイン材に使った10mmペフ

天井断熱の主材料
東レペフシート粘着付(白色) 10mm厚*1m巾*5m巻 (042B001005)

天井及び側壁サブ材に使った5mmペフ

天井の隙間埋めに使用。
側壁の内張り断熱の補助材に使用。
東レペフシート粘着付(白色) 5mm厚*1m巾*5m巻 (042B000505)

それでは作業です。・前作業編

コンソール、運転席、助手席を外す

まずは、センターコンソールを外します。

4本のねじを抜くだけです。

後方2本は、
ドリンクホルダーの中に隠れています。
ハイエース200系5型 断熱

前方2本は、
コンソール本体の中です。
ハイエース200系5型 断熱
ただの10mmボルトですが、
ここのねじを抜く為だけに、
このT字レンチを購入した記憶があります。
(初代ハイエースの時の話です)

運転席・助手席 シートを外す。

シートは4本のボルトで固定してあります。
この手のパーツの固定ボルトは、
とてもとても固く締めてある事が多いです。
しっかりした工具をお使い下さいませ。

ボルト隠しのプラカバーを外す。
ハイエース200系5型 断熱
個人的な感覚としては、
商用車なのだから、
こんな目隠しパーツ不要だと思いま~す。

ボルト抜いて、シートを外します。
ハイエース200系5型 断熱

忘れちゃイカんのが、
シートベルト・アラームのセンサー配線。
ハイエース200系5型 断熱
シート外すなら抜かないとダメです。

ウワサによると、
シートベルト・アラームが壊れていいると、
車検通らないって話ですが、
本当なのでしょうか?

カーペットを外す。

社内がガラーンとしてしまいました。
こんなに広かったとは・・・・・・・・(^^;
ハイエース200系5型 断熱
カーペットを外します。

エンジンフード上の部分は、
シート外した時点でフリー化されてます。

後方のカーペットをめくる為に
数本のプラリベットを抜きます。
ハイエース200系5型 断熱
あとは、カーペットをめくるだけです。

ざっとここまでが、前作業となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする