2019/3/10 柴犬専用ラウンジシート 1列目 for ハイエース・トランポ200系

スポンサーリンク

センターコンソールを取っぱらって、
柴犬専用ラウンジシートを製作します。

初代の時は既製パーツを流用しましたが、
今回は自作していきます。

初 稿:2019年3月

◆◆◆ 目  次 ◆◆◆

1.試作Versionを作ってみます

2.実用版!寸法を最大限まで拡張して作成

3.わんこラウンジシート・まとめ

スポンサーリンク

試作Versionを作ってみます

好評だった!初代トランポのわんこラウンジシート

初代ハイエース・トランポで、わんこ達に好評だった、
わんこラウンジシートを2代目にも作ろうと思います。

↓初代トランポのわんこラウンジシートの記事です。

2014春 新設・わんこラウンジシート

初代は、何かと余裕のワイドボディでありましたが、
2代目は、標準ボディです。
その辺、どうなるのか興味ある所であります。

ダンボールで型紙を作る

↓コンソールの外し方はこちらの記事を参照して下さい

シート下断熱・コンソールを外す

ノーマルのコンソールは4本のネジで固定されています。
そのネジ穴を利用します。

ダンポールで型紙を作ります。
ネジ穴位置を特定。
現物合わせです。

ネジは一般的なM6ネジです。

主要材料は板3枚

板のカット。
穴明け。

メインの材料は、3枚の板です。

ラッカーで塗装します。

試作で、何故、塗装までするのか!?
それは、
あわよくば、試作から実用に切り替えてしまおう!
なんて思っていたからです。

スポンサーリンク

底板を設置場所に合わせてみる。

まぁ、良いのではないでしょうか!

部品を組んで行きます。

底板の裏に、銀マットを貼る。

シート下には、
騒々しくて大量の熱を発生するディーゼルエンジンがありますので、
防音・断熱を考慮する必要あります。

ネジ穴部分も処置!

組み立て&取り付け

底板に、前面の仕切り板を取り付けます。

側面の仕切り板を取り付けます。

ネジで、ゼンターコンソールの位置に固定。
これで取りあえず設置完了です。

失敗! 狭すぎだ。特に前後長の不足は深刻!

見栄えについては、
そう悪くは無いと思いますが、
どう見ても、柴犬を乗せるには狭すぎる。

試しに、柴犬の零を乗せてみます。

狭すぎて、体が収まらない。
これは深刻な問題であります。

ワイドボディとの違い歴然ですね。

助手席まで使って、なんとかって感じですね。
まぁ、試作なので、
直すべき点が分かればそれで良いのです。

シートとの境界に隙間があって足場が悪い点もダメ。
なので、
幅は、シート間の寸法一杯まで拡張しましょう!

前後長については、
前方に、2~3cm
後方に、12~13cm程延長出来そうです。

幅、前後長ともに、限界までの拡張になります。
これで、実用品の作成に入ります。

コメント