聞きかじりDIY・断熱加工(3)断熱材を入れます with ハイエース200系5型

天井と荷室側壁の断熱加工を実施します。
ハイエース 断熱
今回は、実際に断熱材をブチ込んで行きますヨ~(笑)

初 稿:2018年4月
第二稿:2019年1月 目次・一部構成を最適化

◆◆◆ 目  次 ◆◆◆

1.天井・断熱加工

2.側壁・断熱加工

3.まとめ!

スポンサーリンク

1.天井・断熱加工

使用した材料・東レのペフです

天井のメインの断熱材は、
東レのペフ、粘着剤付・10mm×1m×5mの物を1巻。

天井・側壁共通のサブ材として、
東レのペフ、粘着剤付・5mm×1m×5mの物を1巻。
ハイエース 断熱

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東レペフシート粘着付(白色) 10mm厚*1m巾*5m巻
価格:15120円(税込、送料別) (2018/4/15時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東レペフシート粘着付(白色) 5mm厚*1m巾*5m巻
価格:9720円(税込、送料別) (2018/4/15時点)

まずは、平面部分を施工します。

サンの間隔の寸法に合わせて切って、
貼って行きます。
ハイエース 断熱
サンの幅が一定じゃ無い。
微妙に違ってるので、いちいち寸法測る。

粘着剤付のペフを選んだので、
貼り付け作業は楽です。

ひたすら、
ペフをカットしては貼る。
ペフをカットしては貼る。
ペフをカットしては貼る。

荷室側、単純に貼れる部分は貼った。
ハイエース 断熱

一列目も貼りました。
ハイエース 断熱

凹んだ所や隙間を施工。

隙間を埋めていく作業に入ります。
ハイエース 断熱
隙間の形に合わせて、
ペフをカットして貼って行きます。

出来るだけ隙間が残らないように。
ハイエース 断熱
ある所はキッチリキッチリ作業出来ても、
その隣りは、すごく大雑把だったり。
自分って、
几帳面なのかズボラなのか、分からなくなる。

天井作業・・・・・ようやく終わりが見えた頃、
気が付いたんですけど、
ハイエース 断熱
東レのペフって、
裏側の紙に方眼が印刷してあって、
定規当てなくてもカット出来るようになってた。

何故だか自分、
こういうのって、大抵いつも、
作業が終わる頃になって気が付くんです。

天井のサンの部分に、5mmのペフを貼る。
ハイエース 断熱
こんなのは気休め程度なんだろうけど、
一応貼っておきます。

後は、細かい部分の貼り残しをチェックして!
ハイエース 断熱
出来るだけ隙間を埋めて行きます。

そんなこんなで、天井の断熱材・東レのペフの貼り付け作業。

一応の完了とします。

夕方になっちまった。
柴犬の零と公園へ散歩に行かなきゃ。
ハイエース 断熱
零『最近、散歩おざなりじゃ無い?』
俺『・・・・・・・・・・』

2.側壁・断熱加工

使用した材料・パーフェクトバリアです

荷室側壁の断熱材として用意した、パーフェクトバリア。
ハイエース 断熱
自分が購入したパーフェクトバリアの仕様は、
↓の通りでした。
ポリエステル吸音材
パーフェクトバリア床用ボードタイプ 在来工法用
30mm厚 415×910mm 12枚(1.5坪分) (03647)5,572円

が、この記事を書く時点で検索してみると、
そのモデルは無くなってしまったようです。

↓比較的近いのが、こちらの製品です。

だたちょっと、
量的に多過ぎると思います。
他の部分にも転用しないと、余ってしまうでしょう。

パーフェクトバリアを入れて行く。

これは特に難しい事など無くて、
適当な大きさにパーフェクトバリアをカットして、
ハイエース 断熱
側壁の鉄板と鉄板の間に詰めていく。

ハイエース 断熱
取り付けられてる部品との干渉に注意しつつ、
詰められるダケ詰める。
これでもかってくらい詰める。

鉄板剥き出しのタイヤハウスも断熱加工。

鉄板剥き出しのタイヤハウスに、5mmペフを貼る。
ハイエース 断熱
曲面に貼るの難しい・・・・・
ペフを小さく切って隙間を埋めるしかない。
思ったよりも手間が掛かる。

内張りの裏側も断熱加工。

樹脂製の内張りの内側に、5mmペフを貼る。
ハイエース 断熱
プラスチックの剛性を出す為の桟みたいな構造があって、
その形に合わせてペフを切って貼っていく。
これもまた、思ったよりずっと手間だった。

同様に、反対側も断熱加工する。

鉄板の間に、パーフェクトバリアを詰め込んで。
ハイエース 断熱

樹脂製の内張りの内側に、5mmペフを貼る。
ハイエース 断熱
2回目のほうが上手く出来た!
・・・・ような気がする・・・・・・・・・・(^^ゞ

まとめ!

断熱加工、とりあえず終了。

標準で付いていた、フェルトの断熱材を戻す。
ハイエース 断熱
両面テープで貼るのですが、
時間が経過すると、自重で落ちて来る。
手早く、天井の内装を戻します。

内装を戻して終了です。

内張りを戻します。
外した手順を逆にやればOKです。

ここまで、足かけ3日ほどの作業になりました。
慣れれば、半分くらいの時間で出来ると思いますが、
慣れる事も無いでしょう。

先人の皆様方も、書かれていますが、
これだけ手間暇かけても、外見の変化一切無し・・・・・
この作業、ソコが厳しいです・・・・・・・(^^ゞ

何故ドヤ顔なの?

ハイエースに乗せたら、何故かドヤ顔の零!
ハイエース 断熱
早くコイツに乗ってキャンプに行きたいねェ。

それには、
まだ、もうちょっとヤル事あるねェ~

西の山に日が落ちる。
ハイエース 断熱
1日が終わるの早い早い。
週末が終わるの早い早い。
まだまだ、やる事沢山。
次の週末が待ち遠しいのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 聞きかじりDIY・断熱加工(3)断熱材を入れます with ハイエース200系5型 […]

    • 小犬のプルー より:

      ウメキさんこんばんわ!
      コメントありがとうございます。
       
      粘着剤付ペフ!
      その粘着力は強力です。
      自重で落下なんて事は考えなくてOKです。
      むしろ、
      粘着が強力過ぎて、1度貼ってしまえば、
      容易に修正出来ませんので、
      むしろそっちに注意を配って下さい!

  2. ウメキ より:

    天井に粘着剤付のペフを貼り付けて自重で落下することは
    ないですか?

  3. すう より:

    はじめまして
    ぺフ良さそうですね。
    自分はワゴンGLの納車待ちでレアルシルトアブソーブの価格にビックリしていました。
    施工後の断熱性などいかがでしょうか?

    • 小犬のプルー より:

      すうさん。 コメントありがとうございます。
      ペフの断熱効果ですが、
      自分は、納車後2週間ほどでペフの貼りつけをやってしまったので、
      素の状態がどんなだったか、良く分からないくて、
      それと施工後の差異はどうか、比較する事が出来ないんです。
      ハッキリ言えないです。

      ノーマル状態が、本当に鉄板1枚なので、
      どんな断熱材でも効果が無いハズは無いと思います。

      防音については、
      屋根を叩く雨音は、確かに軽減されています。