2018/10/7 カーナビ走行中操作可能(キット不要) for ハイエース200系5型

ナビを走行中操作可能にする。

この記事では、
専用キットを使わない方法で作業してます。

初 稿:2019年1月

◆◆◆ 目  次 ◆◆◆

1.作業の目的・概要

2.作業します

3.おまけ・ダッシュボードトレイ!

スポンサーリンク

作業の目的・概要

走行中使えないのは、やはり不便です。

ナビ取り付けました。
支障無く動作しております。

『ケンウッド(KENWOOD) 彩速ナビ MDV-Z904W』
使い勝手も良く、レスポンスも上々、気に入っております。
が、
走行中操作出来ないのは不便です。

走行中も操作出来るようにセッティングしなおす事にします。

この記事のスタンスです

ご注意を!
本来、こういった作業を正しく説明出来るのは、
自動車メーカーのサービスマニュアルであり、
パーツメーカーの取扱説明書であると思います。
が、
この記事は、そういった正式資料に準拠していません。
1.筆者が独自で集めた情報。
(雑誌、口コミ、先人の皆さまのブログなど)
2.実際に自分でやってみた結果。
そのふたつから成り立っております。
何かを保証出来るものでは有りません。 
正式な資料ではありませんが、
もしも、読んでいただいた皆様の
『やる気スイッチ』を刺激出来たなら、
筆者にとっての幸せであります。

これは違反ではありません。

スマホで運転中に通話をすれば違反になります。
運転中に運転以外の事に没頭するような行為はNGです。
しかし、
スマホを身に着けて運転するのは違反ではありません。

ナビも、運転中に込み入った操作をするのは違反ですが、
走行中操作可能である事は、違反ではありません。

要は、使い方の問題なんです。

自分の場合は、
走行中にナビ操作するのは100%助手席の人間が担当していますので、
なんら問題無いのです。

作業概要・専用キットは使いません

専用キットなどは使わない方法で作業します。

自分のハイエースのナビ(彩速ナビ)は、パーキングブレーキ信号で制御するタイプです。

ナビはパーキングブレーキが掛かってる事を感知して、クルマが停止中と判断し操作を許す訳です。

ですので、
パーキングブレーキが掛かってるとナビに誤認させるのです。

パーキングブレーキ信号をカットして、
アースに繋げればOKです。

これだけの加工ですから、費用も手間も知れた物です。

パーキング信号線はこれです

5本線のカプラの中の1本が、パーキングブレーキ信号線です。

下の図。
アルパインさんの取説からの抜粋です。

アルパインさんの車種別の取説は、とても丁寧に書いてあって分かり易いので助かります。
↓ダウンロードはこちらです。

アルパインさん取説・ハイエースバン

使用した工具

内装外し
電工ペンチ
プラスドライバ
だいたいこんな物でOKです。

電工ペンチですが、
普通のニッパやペンチがあれば代用出来ますが、
圧着端子をしっかりカシめられず、抜けたり接触不良を起こしたりする事もあります。
自分は技術も知識も無いシロートです。なので、せめて道具はちゃんとした物を使いたいと思ってます。(もちろん可能な範囲で・・・です)

電工ペンチはさほど高価な物では無いので、持っていても良いと思います。

使用した部材

クワ型端子
圧着端子
リード線
たったこれだけです。

このくらいの物なら、工具箱の中に転がってるよって人も多いのでは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク