2016/5/15 阿武隈・遥かなり with YAMAHA MT-09 TRACER

その気になれば、何時でも行けるのに、
何故だか、なかなかその機会が訪れない
・・・・そんな場所って有るでしょ?
自分にとって、
阿武隈地方はそんな感じの場所でした。

気にかかる場所で、
1度行きたいなぁ・・・と思いつつも!
YAMAHA MT-09 TRACER
そして自分、
ようやく重い腰を上げました!

初 稿:2016年4月

スポンサーリンク

行こう・遥かなる阿武隈を目指して!

阿武隈強襲作戦。 レディ&Go!

阿武隈強襲作戦。
ウムを言わせず高速でズバーンと、
朝のうちに阿武隈に入ってしまえ!

と言う事で、
東北道→あぶくま高原道路と、快調に進む。

しかし、
このあぶくま高原道路・・・ETCが使えない、現金のみ対応。
それって全然想定外だったので、
割りとアタフタしてしまった。

このあぶくま高原道路。
まだ時間が早い事もあって、
ホントに交通量が少ない。
YAMAHA MT-09 TRACER
のびやかなあぶくまの景色を眺めながらの、
快適なツーリング。

のびやか・・・・と書いたけど、
日本の山って、
割りと急な勾配の稜線を持っている事が多いのだが、
阿武隈は違うのだ。
ゆるやかであまり高く無い山々が幾重にもつらなる
・・・・そんな感じ。
要するにのびやか・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

そういう所は、少なくても北関東にはあまりない。
キタイバは、そんな感じなのだが、
そこは、この阿武隈とは地続きの土地なのである。

まずは、1本目。 K41を行こう。

あぶくま高原道路の終点『小野』に到着。
20世紀的な小野市街(昭和な・・・みたいな表現は使わない)
を抜けて、
K41・・・今日の1本目だ・・・・入る。

地図で見る限り、田んぼと里山の牧歌的な道かと思った。
でも、行ってみたら、
意外にワイルドだった。
YAMAHA MT-09 TRACER

ほとんんどの部分で、センターラインは無くて、
ほとんどのコーナーは、先の見えないブラインド。
YAMAHA MT-09 TRACER

でも、
ゆるやかな高低差と、
Rのきついコーナーがあんまり無い事で、
存外走り易い。
YAMAHA MT-09 TRACER
周りは新緑の森。
まだ、朝の時間帯。
気持ち良く走れました。

磐越東線(ゆうゆうあぶくまライン)と絡みつつ走る。

このK41は、JRの線路と並行して走ってます。

こんな感じに、線路と道路が並行して走ってます。
YAMAHA MT-09 TRACER
磐越東線(ゆうゆうあぶくまライン)
1日に、数本の列車が走る、ローカル線です。

正確に言えば、並行と言うよりは、線路と道路が絡み合ってる。
だから、踏切がやたら多い。
YAMAHA MT-09 TRACER
そんな事もあって、自動的に不用意なハイペースが抑制されます・・・・(^^ゞ

古風なトンネルと踏切のコラボです!
YAMAHA MT-09 TRACER
こんなのを見たら、
この路線の電車に乗りたくなってしまった。
駅弁と缶ビール持ってねェ・・・・・・・・(^^ゞ

まだまだK41。 ゆるかやです。

新緑の中に、なんだか花が咲いてるし、
YAMAHA MT-09 TRACER

こんな景色が、ふいに現れたり。
YAMAHA MT-09 TRACER
個人的に、
こんな景色に、ぐぅっと惹かれます。

また・・こんな景色も!
YAMAHA MT-09 TRACER
まだ、朝で陽が斜めで影が多いけど、
陽が高くなれば、もっと良い感じになるであろう。

どうですか、この景観・・・・・・・・(^^ゞ
YAMAHA MT-09 TRACER
ゆるやか・・・と言うか
たおやか・・・と言うか

このK41は、
例えは蔵王エコーラインみたいに、
ツーリングのメインディッシュ!
という感じでは無いかもしれないけど、
ツーリングの1部に組み込むには、
十分な価値が有ると思います。

そうして、ツーリングは次のステージへ。

いわき市街を抜けるのが面倒に思えて来た。
高速を1区間乗れば、今日の2本目である、
K14御斉所街道にドンピシャリと当たるみたいだ。

それならば、
いわき市街をショートカットしてしまおう。

と言う事で、常磐道、いわき中央ICへ。
YAMAHA MT-09 TRACER
この後です。
待ち構えていた、
悲劇にバッチリ補足されてしまうのであります。

後編に続く・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする