2013北海道 Vol-10 富良野 札幌 With DUCATi Monster

2013.6.24(月) 第10日目 (道内9日目)

富良野を回って札幌へ入る。
夜は札幌で友人に会う。
DUCATi Monster S2R
旅もいよいよ佳境である。

初  稿:2013年7月

<<目 次>>

  1. とほ宿のご主人に気合注入される。
  2. さらば、帯広圏。 富良野へ向かう。
  3. 恒例の富良野、なつかしい麓郷!
  4. 北海道最後の夜 札幌へ。
スポンサーリンク

とほ宿のご主人に気合注入される。

すいません、少しボヤけてました。

旅も残りわずかになった。
ちょっと淋しいよね。

疲れてもいた。
今日は、ラクして
何処も立ち寄らずに、札幌へ行っちゃおうカナ?
なんて、ふやけた考えを一蹴したのは、
宿のオーナーさんの一言
でありました。

今夜は、札幌で『夢のような夜』を楽しむ予定も有るのだ。
疲れたなんて、言ってらんない!

ゲリラ豪雨にノックアウトを喰らう。

のんびりモードで目覚めたら、宿のオーナーさん曰く。

『せっかく来たんだから、ちゃんと回んなきゃダメだよ。』
ガ~ン!、自分を甘やかす弱い心を、見透かされていたのか!
いくつか、ルート案まで提案してくれた。

『天気良いから、早く走らないともったい無いよ。』
とダメ押しのうえ、
トドメに、朝食を30分早くしてくれた。

わかりました。
そうまでされては、走るしか無い。

そんなこんなで、07:30 Start。
富良野に行こう。

厚内の街並み。
DUCATi Monster S2R
取り残されたような、海辺の小さな町。
ここに立っていると、
なにか『村上春樹的』な物語の一部に、
入り込んでしまったみたいだ。

昨夜、寝る前にチェックした天気予報では、
広範囲で晴れだ。
この旅で一番の好天が期待出来そうだ。
さぁて、行こうか!

帯広までのルートは、
昨日と同じ道を逆に走る。
厚内→名も無い峠→R38→豊頃(茂岩山自然公園)→
R38→帯広市街。

茂岩山自然公園・休憩所前。
DUCATi Monster S2R
まだ、時間が早いので、売店などは開いてなかった。
駐車場前で、ちょっとダケ休憩。
日高の風景である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク