2013北海道旅日記 宿レポ Vol-06 能取湖畔 かがり屋

実はかがり屋さん。
わんこOKの温泉宿であります。
能取湖畔 かがり屋
雨の中1日中走った後の温泉は、
そりゃあもう『ヘブン』でした・・・・・・・・・(^^;

初  稿:2013年7月

スポンサーリンク

温泉宿で、体も心も癒される。

1泊だけの贅沢だったんです。

この旅で1泊だけ贅沢させて貰って、
温泉旅館に泊まった。
能取湖畔の『かがり屋』さんである。

普通の温泉宿と書いたが、
実はこの宿『わんこOK宿』
であります。
過去1度、犬を連れて泊まった事がある。

『わんこOK宿』と言ってもピンキリであります。

ココは『わんこ専用宿』、
あるいは『わんこ主体宿』では無いものの、
割とキチンと『わんこ宿』に取り組んでいるなぁ・・・・
と感心した
ものであった。

その時の良い印象とリーズナブルな価格で、
今回も宿泊させていただいたのであります。

温泉宿なら普通だけど、貧乏旅行者は歓喜した。

稚内からオホーツク沿岸のルートを、
1日中霧と雨に打たれて走った後のチェックin。
冷え切った体に、温泉の有り難かった事
能取湖畔 かがり屋
手足の伸ばせる広い湯船、
好きなだけお湯が出る洗い場の蛇口

そんな事でも、
貧乏旅をしているとしみじみ有り難い

ずいぶん酷く濡れてしまった服を乾かせたのは、
部屋にエアコン+石油ヒーターがあればこそ。
能取湖畔 かがり屋
部屋も綺麗でベッドも立派なのでぐっすり眠れた。

そんなのどれも、温泉宿なら普通の設備なんだけど、
そういった設備からくる満足感は、
とほ宿やライハでは期待するのは難しい

お造りと天ぷらは席についてから造ってくれるし、
能取湖畔 かがり屋
荷物を送りたいと言えば、
親切にこまごまと対応してくれる。

ライダー専科のとほ宿やライハも良いが、
ごく普通の宿であればこその良さも有る。

でも、それだけじゃ無い! そこには親切と活気があった!

チェックイン時にビショ濡れだった靴とグラブ。
『乾かせる場所はありませんか?』と聞くと、
『ボイラー室なら暖かいから・・・・』と預かってくれた。
朝、靴を受け取ると、見事に乾いていた。
しかもホカホカ暖かい。

これって、
生乾きだったのをドライヤーで仕上げてくれたと思える
これには、本当に有難かった。

こういうのって、
泊まってみなければわからない。

サービス業だからね・・・・
と言ってしまってはミもフタも無いが、
サービス業が、顧客に提供出来るものって、
ホントにいろいろと有るものである。

能取湖という、
観光地としての知名度がやや低い立地である事。
温泉宿といっても小さ目の規模である事。
その分、なんとか宿を盛り立てようと、
頑張っているのが伝わってくる。
跡継ぎとおぼしき若者が、きびきびと元気に仕事している。
そいうのを見て、なんか嬉しくなる。
能取湖畔 かがり屋
また行ってみたいと思う。
サンゴ草の咲く秋が良いなぁ。

かがり屋HPです→ http://www.kagariya.cc/sangosou.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク