2013北海道 宿レポ Vol-2 とほ宿 木理(もくり)

とほ宿『木理』さん。
プロカメラマンのオーナーさんの経営する宿。
とほ宿 木理
標茶から、R391を南にちょっと行った所です。
ちょっとと言っても、北海道的なちょっとですが、
踏切まで行ってしまっては、行き過ぎですよ。(苦笑)

スポンサーリンク

気さくなプロカメラマンさんの宿 木理さん。

オーナーさんは池中玄太か?

気さくなオーナーさんで、
いろいろと話をしてくれました。
って言うか、
ほっとけばず~っと喋ってそうでした。(笑)

自分以外に、2名のお客さんが泊まっていましたが、
お二人とも、プロカメラマンで、
オーナーさんの後輩さんって感じでした。

丹頂鶴を撮るうえでの、苦労話やら武勇伝やら、
夕食時の、
プロカメラマンさん達との会話が楽しかったスねェ。

『カメラマンの仕事って、大変ですね』と言ったら、
3人口を揃えて、
『これは仕事じゃない遊びだよ。だからやってられんだよ。』
だって。
やはり、
プロカメラマンというのは、興味深い人種のようです(笑)。

設備良く、食事はアットホーム。

今回泊まったとほ宿の中で、
一番設備的には充実していたし、
唯一女性(奥様)が料理を作ってくれました。(笑)

3人ものプロカメラマンと一緒に食卓を囲んでいたので、
『食事の写真を撮らせて下さい。』
と言えなくなってしまって、
メシの写真無いんですが、テキストで紹介します。
 ・刺身(イカソーメンと本マグロ、大トロの絶品でした。)
 ・イカと大根の煮つけ。
 ・ナスとキュウリの煮びたし。
 ・牛肉のケチャップ煮
 ・天ぷら(ウドとサツマイモ)
 ・花咲ガニの足のぶつ切りがザクザク入った味噌汁
 ・漬物
 (写真に撮るよりメモったほうが、後で思い出せる!)
女性の作ってくれる料理って、
繊細で優しい感じがして良いなぁ・・・・・
今回の旅の中で、一番メシ旨かったです。

バイクは屋根付の駐車スペースがあります。

駐車スペースには、バイク小屋があって、
屋根のある所にバイクを置かせてもらえます。
とほ宿 木理

バイク小屋の内部、
オーナーさんのコレクションでいっぱい。
とほ宿 木理
古いオフ車やビンテージ物のモトクロッサー達。
自分にとっても、懐かしいバイクも有りました。

ボーダーコリー君もいるんですよ。
とほ宿 木理
オーナーさんに似て、気さくです。
まだ若い、ボーダーコリー君。

油断していると、
いつまでも遊びに付き合わされそうでした。(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク