2013北海道 宿レポ Vol-1 とほ宿 モシリバ

北海道ツーリング宿で三役と言えば、
『キャンプ場』『ライダーハウス』『とほ宿』です。
とほ宿 モシリバ
今回は、季節やら荷物やら日程やらなんのかんので、
キャンプとライハにはお世話になれませんでしたが、
4軒の『とほ宿』を利用させていただきました。

どこも、個性にあふれた楽しい宿でした。

初  稿:2013年7月

スポンサーリンク

とほ宿について、ちょっと・・・

ある意味別世界。

ライダーから見た『とほ宿』の良さは、
店の人もお客もこっち側の人間!
ってトコでしょうか?

旅人の旅人による旅人のための宿・・・・
ってトコがそもそものアイデンティティ。
その理解で、大きくは間違っていないハズ。

その楽しみを一言で言えば、
オーナーさんやヘルパーさん、
それに宿泊客同士の、
会話や情報交換って事になるでしょう。

男女別相部屋制が基本。

『とほ宿』と言えば、
男女別相部屋制が基本であります。
その辺、好みが分かれる部分ではありましょう。

今回、4軒泊まったうちの3軒は、
『宿泊客俺ひとり』の状態で実質個室でありました。

残る1軒も、お客は少なくて、
ひとり部屋で寝かせていただきました。

よほどシーズン外れだったのでしょうか(笑)

そんな状況ですので、
『とほ宿』の神髄には触れていないカモ知れませんが、
せっかくですので、紹介していきましょう。

落ち着いた、静かな宿 モシリバさん。

知床の入り口にあります。

まずは『モシリバ』さんです。
R335沿い、標津と羅臼のちょうど中ほど、
そういう立地です。
住所は中標津だったかな?

でも、知床の入り口に位置しますので、
知床廻りのベースにグッド。

国道1本挟んで海に面しています。
晴れていれば、国後島が見えるカモ?

ウッディな部屋が、すごく落ち着く。

そんな立地と、
ログハウスの建物を見れば、
オーナーさんの指向もうかがえると言うもののす。
とほ宿 モシリバ

室内もウッディ。
とほ宿 モシリバ
木の感じが良いです。

感じの良い老夫婦さんがでやっておられる、
落ち着いた宿です。

食事は豪快だった・・・・・・・・(^^;

その落ち着いた感じとは裏腹に、
メシは豪快に『鮭のチャンチャン焼き』です。

とほ宿 モシリバ

直球勝負の男料理って感じです。
とほ宿 モシリバ
ちなみにコレで一人前です。
すごい、お腹いっぱいになりました。

主役のちゃんちゃん焼に目を奪われ勝ちですが、
ホタテの刺身が妙に旨かったし、
煮つけやフライの魚料理も美味しかったです。

ホントに静かで、良く休めました。
ハイシーズンではどんな感じなのか、
ちょっと気に成りますね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク