2013北海道 Vol-12 船旅 苫小牧→大洗 With DUCATi Monster

2013.6.26(水) 第12日目 (最終日)

旅も残すところ、19時間の船旅のみ。
DUCATi Monster S2R
何事においても、始まりがあれば、終わりがある。

それは仕方ないと分かっていても、
旅が、終わってゆくのは、心淋しいものである。

2013年7月 初稿

スポンサーリンク

船旅・・・静かに過ぎていく

船は、雨の中を静かに進む。

雨が降っている。
そのせいかどうか、
船内では、おおむね静かに過ごす事が出来た。

朝メシのパンは、
セイコマで仕込んで置きました。
DUCATi Monster S2R

昼メシのパンも、
セイコマで仕込んで有るんですなぁ。
DUCATi Monster S2R
文庫本も、船旅の必須アイテムですね。
写真の一冊は、『県庁おもてなし課』。
四国は土佐の話ですな。
四国も随分とご無沙汰しております。
次のロングは、四国なんでどうであろうか?
(な~んてネ♪)

結局これ以降、
ロングと言える程のツーリングに行けていない。

なかなか快適、カジュアルルーム!

帰りの便も、カジュアルルームが取れました。
DUCATi Monster S2R

要するに、寝台車とほぼ同じです。
DUCATi Monster S2R
雑魚寝席よりは、ずっと良いです。

この寝台に寝転がり、
文庫本を読んで、
腹が減ればパンを齧る。

そうしているうちに、
特に感動的な事も無く、
定刻通りに大洗FTに到着するのでありました。

そうして、旅は終わるのでした。

北関東の自然は優しい!

港に着けば、強い雨。

北海道の雨に比べると、生暖かく粒がデカいです。
暖かい雨に打たれて走っていて、
人に優しい自然だなぁ~と思いました。

これはこれで、素晴らしい。

そして、日常へ帰還する。

旅の本質は、非日常性にあり、
生涯旅人では暮らせない。
人は、日常に戻って行かなければならない。

とりあえず、ひとつの旅は終わりました。
しかし、旅の魅力には抗しがたく、
次の旅の事を考える自分がいます。

ひとまず、日常の中へ帰って行きますが、

いつの日か、また旅の空の下へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク