2013北海道 Vol-4 礼文島 With DUCATi Monster

2013.6.18(火) 第4日目 (道内3日目)

6月の礼文は、花の島なのか?
それとも、雲丹の島なのか?
DUCATi Monster S2R
『地獄の8時間コース』、
『海抜0メートル登山』等。
常に魅惑の言葉で伝えられる礼文島。

伝説の島の真実は如何に?

初  稿:2013年7月

<<目 次>>

  1. 花の島・礼文島 雲丹の島・礼文島
  2. 花と雲丹の島・礼文島 続き・・・
  3. 花と雲丹の島・礼文島 まだ続く
スポンサーリンク

花の島・礼文島 雲丹の島・礼文島

礼文北側。霧の中の絶景ロード。

礼文島に行ったら礼文岳に登ろうと思っていた。
海抜0m登山ってヤツ。
少しだけ、その真似事・・・・・・・・・・・(^^;  

事前の調べでは、
登山道は整備されていて、
ひとりでも心配無いとの事だし、
6月は花盛りとの事で、
登山道でも花は咲いていると思ってた。

宿のオーナーさんの話で、
登山道に花は咲いていないと判明。
かつ、天候があまりよろしく無さそう。

あっさり予定変更、
花を見られる所に行く事にする。

ところが、朝起きるとひどい雨。
朝食を済ませても、まだ降っている。
ようやく上がったのは、10時をまわった後だ。
さて、行こう。

まずは、島の北側。
島の東岸K40を、
フェリーターミナルのある香深を越えて北へ行く。

上がったと思った雨も、
島の東側では、まだ降っていた。
視界も悪い、路面完全ウェット、
地元軽トラの後ろをおとなしく走る。

澄海漁港方面へ曲がり、しばらく走ると、
イキナリ視界が開ける。
DUCATi Monster S2R
雨と霧に煙っていても、この爽快な風景。
晴れたらいったいどうなってしまうのか

そこからすぐ澄海漁港。
DUCATi Monster S2R

漁港前に駐車場にバイクを置いて、
澄海岬まで歩きます。
DUCATi Monster S2R

礼文島の花・一発目

岬周辺。花が咲いています。
DUCATi Monster S2R
ココは、観光バスも止れる所なので、
団体のおばさま達に圧倒されながら、
花を観賞。

少し戻って、アツモリソウの群生を見ます。
DUCATi Monster S2R
たいそう珍しい花だそうです。

島の北端。スコトン岬へ。
DUCATi Monster S2R
霧で煙っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク