半日で回る!日光・尾瀬ツーリング with YAMAHA MT-09SP

スポンサーリンク

奥日光から尾瀬。
関東屈指のワインディングの宝庫を半日で回る。

スポンサーリンク

2023/6/18 半日で回る!日光・尾瀬ツーリング with YAMAHA MT-09SP

ワインディングをバイクで走る。
快走路をバイクで走る。
それ優先のツーリングコースです。

快調・日光からの県境越え!

日光宇都宮道路・いろは坂。

6:00スタートのつもりが少し遅れました。
それでも、7:00前には日光宇都宮道路を走ってました。

正面に男体山。
快晴! 良い気分です。  

大型バイクの人達・・・無駄にスピード出して行くなぁ。
まだ早朝とも言える時間帯。
こんな時刻にいろは坂に向かう人って、そういう人達なのでしょう。  

いろは坂(上り)です。
心配していた路面はドライで嬉しー!

貴重な、2車線で対向車の居ないワインディングを堪能しよう。

先行するKAWASAKI乗りの人が良いペースを作ってくれて快適!
先行車は大切です・・・・・・・(^^;  

終盤4輪が詰まっちゃって、カメラで遊んでた。
(良い子はマネしちゃダメ)

スポンサーリンク

中禅寺湖・戦場ヶ原・金精峠

中禅寺湖です。

時計は7:00を回ったくらいなのに、
湖畔の駐車スペースはほぼ埋まりつつあります。
山と釣りの人達ですね。

湖畔の道路を歩くのは、山の人や釣りの人、
ランニングの人も少しいるかな?
自転車の人はこれからでしょうね。
奥日光の楽しみ方も多様化したものですね。  

昔から釣りや登山をする人は居たけど、
特別な趣味の少数の人って感じだったけど、
今は、普通の人が普通に釣りや山を楽しんでる感じがします。  
逆に、ただ単にクルマで観光に来る人は減っているんでしょうね。  
みんなそれぞれの楽しみ方を持ってるんですね。

竜頭の滝から戦場ヶ原へ向かう道。

いつ来ても、この林の道は良い感じです。
ブナ林、原生林ですね。
本来、日本のほとんどはブナ林に覆われていたハズ。

戦後の行政で植林の杉ばかりにされてしまいましたがね。

スポンサーリンク

戦場ヶ原です。

快晴ですね。
気分最高、言う事ありません。  

そして、快走路の金精峠。

前半は快走、終盤4輪に追いついてしまった。
日曜日では仕方が無いなぁ。

県境を越えて群馬に入ります。

スポンサーリンク

走りを堪能! 群馬・尾瀬!

いざ群馬に侵入。

金精峠は、群馬側の方が走り易い。
栃木側は少し険しいし距離も短いんですよね。

群馬側なら片品村付近まで、長く快適なダウンヒルを楽しめる。

丸沼を通過。

本日の群馬編は、坤六峠からの水上経由、望郷ライン。
武尊山をぐるりと回るようなルートであります。

尾瀬界隈。

尾瀬と言っても、この辺はただの山。

夏が来れば思い出す・・・・水芭蕉の咲くあの有名な尾瀬は、
峠を越えた向こう側です。
マイカー規制でバイクでは接近不可能です。

坤六峠。

坤六峠頂上付近は、
タイトコーナーの連続するミニサーキットみたいな道。

高低差はキツく無いので走り易いけど、
ほとんどのコーナーはブラインドだから、
十分注意して走ろう。

坤六峠頂上。

頂上と言っても、眺望はほぼ無し。
頂上だけで無く、ルート全般で眺望は期待出来ない
なので、眺望好きな人には、延々続く詰まらない道でしか無い。

日帰り温泉も道の駅も無い。 
コンビニすら無い。

あるのは、信号も渋滞もないけど、
ほぼ全部ブラインドのワインディングだけ
それが有ればOKという人には、なかなかに楽しめるコースです。

スポンサーリンク

奥利根湯けむり街道・水上側

奥利根湯けむり街道・・続きます。

坤六峠から水上側へ降りて行きます。
ならまた湖のあたりまで息の長いダウンヒルが楽しめます

信号皆無、クルマもあんまり走ってない山道を、
存分に堪能する訳ですねー。

ダムの巣。

この辺りは、ならまた湖、奥利根湖、洞元湖、藤原湖とダムの巣。
利根川水系の治水を担うダム群って訳ですねェ。

水源地としては超重要って事になるんでしょうなぁ。
なにしろ、坂東太郎・利根川の水源ですからね。  

藤原湖のあたりは工事が多かった。

ひとつ目

スポンサーリンク

ふたつ目

みっつ目

よっつ目

(ベルファイアの向こうに工事用信号があります)

何が言いたいかと言えば、
4カ所あった工事用信号の全てに引っかかった
と言う事でして。

それってすごく無いですかぁ~?

スポンサーリンク

望郷ライン、川場。

水上から月夜野の市街地をガマンの走行、望郷ラインへと向かう。
望郷ラインは快走路です、伸びやかな農道を走ろう

が、望郷ラインは生活道路です、注意して行こう。(タマにパトカーもいます)

有名な川場の道の駅の横を通過。
まだ、レストランも開いて無い時間なので、今日はパス。

それより目下の問題は、これからどっちへ向かおうか?
南に下って草木ダム方面に抜けるか?
金精峠を戻るか?

まだ、時間早いので日光を突っ切っても大丈夫と判断
金精峠越えで戻る事とする。

戻って栃木編。

奥日光・イロハ坂下り。

しかし、現実はそこまで甘くない。
渋滞とまでは行かないもののスローペースだ。
   
濃厚なワインディングのいろは坂(下り)も、カルガモ走行。

コロナ禍中との一番の違いは、観光バスが居るって事ですよ。
ほとんど追い越しの出来る場所の無い奥日光では、
少数の観光バスが居るだけで、全体のペースが変わってしまうようです。 

こうなれば、シーズン中の週末は日光関係には近づかない。
走るなら朝のウチだけにする
それはもはや、完全にコロナ前の行動様式だよね。

スポンサーリンク

ともあれ、4時間弱で奥日光・尾瀬をツーリングして来ましたよー。
一部スロー運転もあったけど、ワンディングと快走路を堪能出来ました。

れんがya 地元人のノスタルジーな焼きそばを食べた。

ちょっと早目の昼にしよう。
いろは坂を降りた清滝町にある焼きそば屋さん、
れんがyaさんです。  

ガラス瓶のコーラ!随分久しぶりに飲んだ・・・・・・・・・(^^;   

玉子焼きそばの普通盛りです。
普通盛りだけど、結構な量あります。

味は、薄くしか付いてないので、
自分でコショーとソースで調整しながらいただきます。

創業70年だったかなぁ。
自分がガキんちょの頃と変わらない味です。

焼きそば専門店 れんがya|日光で創業60年。変わらぬ美味しさの焼きそばをお楽しみ下さい
焼きそば専門店 れんがya |日光の地で創業60年。変わらぬ美味しさを守り続けて来ました。噛めば噛むほど味が出る、添加物無しのヘルシーな焼きそばです。懐かしさを感じるふるさとの味わいをご賞味ください。

自分のように思い出の味だーっ!・・て人間には、
ソウルに響く食べ物なのですが、
そういう物が無い人には、何故これが良いのか?
分からないカモしれませんね。  

まとめ!

結構疲れた。
実は翌日、下半身が軽く筋肉痛になりました。
コーナリングのし過ぎです。

以前は、このルート走ってもそんな事無かったのに。
歳ですね。 

走った後は、リフレッシュ!

帰宅後、バイクを洗車。

山道走ると、どうしてもバイクが汚れます。
ツーリング帰着後即洗車はひとつの理想ではあります。
(なかなか出来ないんだよなぁ)

スポンサーリンク

ついでに、もう1台も洗車だ!

真夏のような日差しが、外仕事にキツイ。
ツーリングよりも洗車で疲れた
 
2台洗ってヘトヘトになった。
 
あとは、じっくりバイクを乾かそう。

この、真夏のような日差しだからねー。
良ーく乾燥出来そうです。  
  
そろそろ良いだろう、缶ビールを開けよう。
充実の1日だった。  

コメント