ハイエース トランポ Story’s(2) 夢は動き出す!

『わんこ』も『バイク』もクルマに積んで、
  北海道にキャンプ旅行なんて、夢が広がるなぁ~♪
ハイエース・トランポ

夢を実現する為の、理想の旅のクルマを求めて、西へ東へ彷徨い歩き。

北関東から遠く離れた静岡県は浜松市。
ついに巡り合ったトランポ・プロショップ、オグショーさん!

この稿は、夢のクルマが造られてゆく過程を記述して行きます。

さてさて、いったいどんなクルマが出来るのでしょうか?

初 稿:2012年12月 (記載内容は2008年当時のもの)
第2稿:独自ドメイン化SSL化に伴い記事の一部を変更。

スポンサーリンク

2008初夏 計画中が、いちばんワクワクするよね!

基本的な進め方 北関東←→浜松

まず、どんなクルマを造るかを、具体的に決めなくてはいけません。
先に示した要件にブレはありませんが、実際にクルマを造る為に、
細かい部分までハッキリさせて行くという事です。
遠く離れた北関東と浜松ですので、
メール主体のやり取りで進めて行ったのであります。

思ったほど困難では有りませんでした。
オフロードバイクを積み車内で寝られると言った時点で、
ほぼ基本的な構造は決まったも同然です。
オグショーさんのHPで多くの事例が掲載されていたし、
実車も見せて貰いました。 いろいろアドバイスやご意見もいただきました。
そいつらを自分の頭の中で、都合の良いように再構成すれば良い訳です。

頭の中のイメージを正しく伝えたいと思い、
下図のような絵を書いて、メールで送ったりしました。
『見える化』ですね。
メールに頼ったやりとりなので、こういうの重要です。
ハイエース・トランポ

クルマの基本構成を決める

なんでもそうですけど、こんな段階が、一番夢が広がります。
どうしても欲が出て、あれもこれも付けたいになってしまいます。
コストを試算してギョっとして、泣く泣く削減したり・・・・・・
幸せな悩みですねェ~

そんな感じで、基本方針を決めて概算見積りを出して貰いました。
そこまで話を詰めておいて、浜松まで出かけて行きました。
直接担当者の方と会話しないと決め難い事、
シートや床やカーテンの素材や柄なんかを決めたり、
バイク固定用のフックの場所や数を決めたりして。
メカ物(FFヒータ、カーナビ、イモビライザなど)の機種を決め。
最終的な仕様を決めました。

そうして、契約と相成りました。

うれしいっていうよりも、
あ~、もう後には引けないなぁ~って思いがしましたねェ。

決めた仕様以下の通り

ベース車両は、トヨタ・ハイエース 
◆スーパーロング キャンパー特装車  ※1
◆2.7Lガソリン 4WD+LSD  ※2
◆OPTION パワースライドドア&リアヒーター  ※3

※1.トヨタが出しているキャンピングカー専用ベース車。
S-GL並みの外装と運転席回り。
荷室は何にもないがらんどう。
業者卸のみで、一般人には売ってくれないらしいです。
って言うか、トヨタもこういうの出していたんですねェ・・・・

※2.この当時は、何故か4WDを選択すると、エンジンはガソリンしか選択出来ませんでした。

※3.基本商用車なので、後席ヒーターは付いてません。オプションになります。

肝心なトランポ装備は?

◆架装内容です。

No 架装 架装
1 床張り加工 基本装備・これぞトランポにキモです。
荷室一面に床を張ります。
これをやらないと、
ベッドやシートレールが取り付け出来ません。
2 バタフライシート 2列目シート
シートとベッド両用、
前向き後ろ向き両用、
スライド可能の多機能シート。
3 ダブルフリップベッド 両サイドと中央天板の3分割格納式
片側跳ね上げで、バイク1台積載+片側はベッド使用可能。
両側跳ね上げれば、広い荷台。(オフ車なら2台積載OK)
両側ベッドで、荷室一面ベッドになっちゃう。
4 棚(車内右側) 高さの異なる2種類の棚
2列目シート上に、フルフェイス格納可能な厚型の棚。
荷室上に、オフ車のハンドルと干渉しない薄型の棚。
5 棚(車内左側) 荷室上に棚を設置。
6 内装関連 天井防熱防音処理
パネルトリム1面。
30W蛍光灯(×2)
7 8ナンバー装備 ギャレー(流し)/コンロ。
2008年当時、かつて言われた税制上のメリットは、
既に無くなっていました。
が、高速道路1000円制度があり商用車は対象外、
8ナンバー化で対象になれました。
自分の場合、それで十分費用のモト取れました。
数年クルマを使用しましたが、
本来用途である『炊事』には一度も使用していません。
8 FFヒーター エンジン停止中でも使える暖房。
燃料タンクからガソリンを引いて使うファンヒーター。
クルマ中の空気を汚しません。
9 電源関係 電源関係
外部電源(100V電源を外部から引き込み)
サブバッテリー(照明やFFヒーターへ給電)
充電器(走行中、自動でサブバッテリーを充電)
10 バイク積載設備 タイダウンベルト固定用フック
折り畳みフック×4(大型ロードバイクも固定可能)
ワンタッチレール×3本
(オフ車固定用ワンタッチリングの取り付け土台)
11 わんこ繋留設備 タわんこの繋留用フック
荷室の壁棚の下にワンタッチレール取り付け
結局、オフ車固定パーツを流用
 (左右の壁にそれぞれ1本)
12 エレキ関係 カ物ですね
カーナビ&ETC&リヤビューカメラ
イモビザイザー(盗難被害の多い車種なもんで)
13 カーテン ハイエース専用オリジナル
オリジナルカーテン・5点セット
センターカーテン(1列目シートの後ろ)

以上、こんなもんです。
ここから、実際にクルマ造りの段階へと進んで行くのでありますねェ。

2017年追記!
以上の内容で見積もりした訳です。
450万以上500万以下くらいの金額だったと思います。
自分でもなんて贅沢な内容だと思いう部分もあるし、
ほとんど削れる部分など無いとも思います。
絶妙な構成だったって事だと思います。

3年乗ったエルグランドをガリバーで換金して、
銀行で300万マイカーローン組んだ記憶があります。
40代だった俺。
良くやったなぁ~・・・・・・・・・・・(^^ゞ  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク