ブレーキ・シュー交換のハズが、Vブレーキ本体交換になってしまった話

スポンサーリンク

軍魔圏から無事帰還した日の午後。

ひょんな事から通勤クロスバイクのブレーキを交換する事になっていた。

スポンサーリンク

2021/8/29 ブレーキ・シュー交換のハズが、Vブレーキ本体交換になってしまった話

高校時代以来、40年ぶりに自転車のブレーキのメンテナンスを自分でやる事に!

当時のブレーキのタイプは、
普及版は、サイドプル式
スポーツ車向けは、センタープル式
ランドナーなど旅行用は、カンチレバー式
当時の愛車のランドナーは、カンチレバー式のブレーキが付いていました。

現在の通勤クロスバイクのブレーキの形式は、Vブレーキとか言うらしいですよ。
どんな仕組みか、それすら分からん・・・・・(^^;
おいおい大丈夫なの~?・・・・・・・(^^;

40年前の古い記憶だと、
ワイヤー外すと結構面倒だったような。
なので今回は、サクっとシューだけ交換!
・・・・・・のハズだったんだけどなぁ。

ブレーキシューの交換作業

当初想定のブレーキ・シュー交換作業

いい加減減ってるブレーキ・シューを交換します。
通勤のみ使用のクロスバイクです。
極力面倒な調整などせずに、サクっとシューのみ交換する所存
でした・・・・・・・・・・・・

『あま』で見たらシマノ製が数百円ですから、
即刻『ポチっ』、部材調達完了です。

リヤ側は問題無く終了

ねじの表面がサビてるのでオイルを浸透させてます。

錆びていたのは外側だけだったようで、
苦も無くネジは外れました。
良かった。

 

錆びていたパーツは外国ブランドの物です。

やはり日本製が良いよね。

 

上が新品、下が使用後

タイヤと同じで溝が無くなる前に交換します。

しかし・・コレは・・・・・・・・(^^;
明らかに交換時期を過ぎている。  

スポンサーリンク

作業としては、
ワイヤーをフックから外してフリーにして、
シューを固定してるねじを外して付け替えるだけ。

位置合わせくらいは必要ですけどね。
リヤ側完了。

片効きも無く調整も不要でした。
リヤ側だけ交換した状態でテスト・ラン。

このシューは、カツーンと効くタイプじゃない。
じわ~っと効くタイプですね。

雨天にも強いって事でしたので、まぁ予想通りです。

 

悲劇はフロント側で起きた

次はフロント側です。
ちゃっちゃと終わらせてしまおう。

スポンサーリンク

シューの交換自体出来ましたが、ひどい片効き状態になってる。
左右の調整ネジを一杯まで回しても上手く行かない

気のせいか、
右側のスプリング(黒い針金状のヤツ)が、やけに弱い気がする。

 

もはや、自分の能力ではこれ以上調整出来ない。

さて、
どうしたものか。

Vブレーキ本体の交換

こんな値段で買える物なの?

『あま』で調べたら、パーツ代2000円程度なので買っときました。
『ポチっ』っで、翌日配送ですよー。
自分みたいな、にわかチャリダーにとっての神ですよね。

 

これが新品パーツです。

黒塗装がシャープでカッコ良い。
2000円程度にしては、なかなかの質感。

元々付いていたパーツより、ワンランク上みたいです。
それが2000円って事は,
元々のパーツは一体いくらなんだよ。

古いパーツを外して掃除

それでは作業開始。

まずは、古いパーツを撤去。
ワイヤーを外して、ネジを緩めます。

当然な事ながら、簡単に取れました。

ブレーキ本体の取り付け基部を、
パツクリで綺麗にして、グリスアップします。

グリスアップって良いなぁ。

グリスアップしてると、
まるで自分が、丁寧な仕事をする良い人みたいに思えて来ます。
そんな事は全然無いのにね。

スポンサーリンク

新パーツを付ける

新しいブレーキを取り付けます。

取り付けは、片側につきネジ1本。

ワイヤーをの固定位置を探りつつ仮止め

ここで再びの片効き発生。
調整ネジをしばらくイジってたら解決

 

そこで、各ネジを本締め。
もう一度、遊び・片効きなど調整をして交換作業完了。
[ad]

テスト・ランしてみると、カツーンとシャープに効くタイプだ。
新車時の制動力が蘇った。

操作感もガツっと剛性感有る、良い感じですねー。

そんな訳で使用感にも満足。

使用した工具は、6角棒レンチと調整用にドライバー。
それだけです。

現代のスポーツ自転車は、素晴らしい整備性ですねェ
その辺りはレースなどで洗練されてきた技術なのでしょう。
パーツも、DOS/Vパソコンみたいに規格化されてますので、
部品交換も色々出来ますね。

今回で以下の作業を経験。
ブレーキ・シューの交換。
ブレーキ本体の交換。
交換に伴うワイヤーのつなぎ直し。
だいたいのやり方が分かりました。
これからは、定期的にシューやワイヤーの交換が出来そうです。

って、喜んでちゃイカンのですよ。
この辺の作業は、高校生の時には普通に出来ていたのですから、
ようやく高校生時代の自分に追いついた!

しかし、今の自転車の整備性の高さはスゴイですね。
調子に乗ってママチャリなどに手を出すと地獄見ますけどね。

コメント