妄想御免2014年のバイク選び (3) バイク買い替えプロジェクト急ブレーキの巻。

今年は『バイクを買い替えるゾ!』と、勢いバイク選びを始めたものの、
なかなか候補を1本に絞れないままに、月日だけが過ぎゆく状況だった。

グズグズな状況に冷や水を浴びせる、急ブレーキ的な事態がっ!

来年あたりの買い替えを考えていた、このダイハツハイゼット。

10年を越え、13万キロに迫る今日この頃。
その衰弱ぶりがハンパ無い感じになってしまって、
盛り上がる『さすがにもうキツいんじゃないの』的気運。

クルマの状況、家族の意向などの諸般の事情に逆らう術も無く。
予定を1年前倒しして、買い替える事と相成った訳であります。

しかし、リソースは限られている。
正直、クルマとバイクの両方をいっぺんに乗り換えられ余力は無いのである。

初  稿2014年8月:

スポンサーリンク

ダイハツ ハイゼット・カーゴ 2WDTURBO

別れは淋し・・・・・・

さて、このハイゼット。
もともとは、トライアルバイクのトランスポーターとして購入したものだった。
正直なところ、その用途では、あまり活躍は多く無かったのですが、
活躍の場はいくらでもあったのです。

小回りが効くという軽自動車の利点と、
荷物がたっぷり積めるという商用車の特徴を併せ持ったこのクルマ。
すごく使い勝手が良く、また使いでもあったのである。

カミさんの通勤や買い物の足として活躍したのはモチロン。
毎週末、わんこ達といつもの公園まで出かけたのも、このハイゼットでした。

粗大ゴミを清掃センターまで運ぶなんて、お手の物。
キャンプに使うなら、TTR125を積んで行けるし、荷室で大の字で寝る事も出来る。
新幹線の最終で乗り過ごし、迎えに来てくれたのも、このハイゼットだったなぁ。
(新幹線でひと駅乗り過ごすって、割と大変な事態なのです。)

そんな八面六臂の大活躍のまま、10年が過ぎ、今や13万キロ目前であります。
我が家の歴代のクルマの中で、間違いなく一番の働き者でありました。

個人的には愛着もあって、別れは淋しいものがあります。

せめて綺麗にしてあげましょう、洗車だ洗車だ。

いつもの公園へ行こう。

荷室には、わんこ用快適スペースが常備されていたりします。

このハイゼットで、あと何回公園へ行けるのだろうか?

さぁて、いつもの公園に着いたゾ~!

わんこ達にとって、
このクルマは、楽しい週末の象徴そのものです。

外見は、まだまだ行けそうなんですケドねェ・・・・・・・

この後GSへ寄り、おそらく最後になるだろう給油をしました。

もちろん、満タンだぜ。

長い間、ありがとう。

4輪関係の出費は、それだけでは無いのだよ。

ハイエースの車検が、この9月。
それ自体は、当然の事ながら想定内なんですがネェ・・・・

タイヤがダメみたい。

見た感じ、山は十分残っているのだが、
こういう、小回り効かないクルマは、どうしたってパワステ頼みになってしまう。
車庫入れや、オートキャンプ場内とかセコセコ動く時にネ。

それがどういう結果を生むかと言えば、
タイヤの大部分は、山が残っているのに、フロントのショルダー部のみ減るのである。

見た目全然OKなのに、フロントタイヤの角だけ溝が無くなっているゾ。
恐らく、この状態で走っても、まず何ら支障など無いのであろう。
しかし、車検はいけませんと言う。
トホホである。

フロント2本だけ替える手もあったのだが、え~い!どうせならば4本行ってしまえ。
選択肢の少ない、商用車タイヤだけど、せめて国産品を選びましょう。

って訳で、新品タイヤです。

タイヤ交換で、こんなに何の感情も覚えないって事が、やや寂しい。

が、やはり新品。
ノイズも振動も少し少なくなったようだ。
乗り心地も良い。(ような気がする。)

ま、それは良いとして、費用の話。
費用としては、バイクのタイヤ前後新品にするのとほぼ同等だった。

そのぶんだけ、バイク買い替えが遠のいたのであった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク