妄想御免2014年のバイク選び (4) YAMAHA MT-07 & トリシティ 試乗して参りました。

我が家の経済的な事情から、
バイクの買い替えが遠のてしまったとしても。
細々とだが、情報集めは続けて行きたいと思っております。

んな訳で、
気に成っていた、MT-07に試乗して参りました。

YAMAHA MT-07の試乗レポート等については、
既にアチコチの雑誌やネットに、
あまたの記事が掲載されております。
詳しく知りたい方は、そういうものを読んでいただくとして、
ここでは単純に、自分がどう思ったか!。
どう感じたか!
そこに絞って、記述したいと思います。

おまけといっちゃ失礼だけど、3輪スクーターのトリシティにも乗れました。
それについても、記述していきます。

初  稿:2014年9月

スポンサーリンク

気になるYAMAHAの2台を試そう。

YAMAHA トリシティ試乗 3輪バイク 結構、可能性あるのかも。

先に、トリシティの話をやっつけてしまおう。

自分、たいへんな勘違いをしていたのです。
3輪バイクの最大のメリットって、自立する事だと思っていたのであります。

つまり、信号待ちの時など、
『ブレーキさえ握っておけば、足はステップに乗せたままで良い!』
そう思っていた訳です。

そんな風に勘違いしている人って多いらしく。
試乗前の説明の時、店長さん、まっ先に言ってました。
『このバイクは、自立しません。』

え~っ! ええええ~っ!
それじゃ、3輪バイクの存在意義って何!?

本当にビックリしました。

じゃが、ちょっと考えれば分かりそうなものでした。
リーンする構造なのだから、自立する訳ないのである。

俺が、バカだっただけでした。

さて、気を取り直して、試乗だ!
試乗と言っても、ごく短いもので、
その辺を一回りしてきただけである。

これが、噂の3輪バイク。
『ナニ コレー』な奴である。

ぶ~んって感じで走り出す。
4スト125のスクーターって事で、極めてのどかな乗り物である。

フツーに2輪のスクーターに乗っているのと変わらない。
特別な事は、何も起きない。

曲がってみる。
これまたフツーである。普通に曲がって行く・・・のだが、
コーナリング中の、安定感というか安心感が違う。
明らかに2輪のバイクより、安定感が高いと感じた。

なるほど、フロント2輪のキモはここにあったのか!

荒れた路面や雨天など、条件が悪くなればなるほど、
この安定感安心感の差は、大きくなるだろう。
ブレーキングの時にも効いてくるハズだ。

フロントホイールの内側、片側に2本づつショックアブソーバがあるよ。

まとめてみる。
トリシティとは、
『バイクの乗車感覚はそのままに、走行安定性を高めた乗り物である。』
と結論付けて良し。(独断!)
こいつはけっして『色モノ』なんかでは無い。

乗れば楽しいのだが、どうしても安定感に欠けるところがある・・・・
バイクの本質って、そんなモンでしょ。
ズバリ、3輪バイクって、
『バイクの楽しさは損なわずに、安定性を高める事は出来ないか!』
というチャレンジだ。
つまりコレ、バイクの本質への技術面での挑戦だと評価する事とした。

ほんの短い試乗でしかなかったのだが、
そこから、フロント3輪バイクの将来性について考えみる。

なにしろ『バイクの乗車感覚はそのままに、走行安定性を高めた乗り物。』である。

例えば、1日中バイクに乗っていたとする。
安定感安心感の高い3輪バイクであれば、かなり疲労が違うと思う。

また、走行安定性の向上は、より大排気量のバイクこそ恩恵が有ると思う。

もしも、500ccオーバーなクラスの3輪スクーターが出来れば、
結構ご機嫌なツーリングマシンになるのではないかな?

さらに、
FJR1300みたいな高性能ツアラーの3輪化ってどうだろう。
1日に数100キロ~1000キロ走る、それが何日も続くような、超ロングツーリング。
そういう使われ方を想定した、ハイエンドのツアラーの3輪化だよ。(フフフフ・・・)
高速道路、ワインディグ、荒れた路面、雨天などあらゆるシーンでの、
走行安定性が劇的向上して、その結果快適性能も大幅UP間違い無しだ。
これぞ、ツーリングマシンの革新。
ツアラーのニュータイプ論である。

ヨーロッパとかなら、そういう需要も有るかもしれない・・・・かな?・・・(^^ゞ
ってゆ~か、ジャーマン製の高級車を凌駕するには、
それくらいヤんなきゃダメだよね。

軽い気持ちで乗ってみたダケなのだが、
いかん、妄想が止まらなくなった。

YAMAHA MT-07試乗 実際、自分結構驚いたんですよ。

次は、こいつです。

細かい話は抜きにして、行ってみよう。

跨ってみる。
威圧感や緊張感ってものが、まるで感じられない。
250ccか400ccくらいのネイキッドバイクに跨っているようである。
このあたり、評判通りであろう。

ポジションは普通のネイキッドバイクそのものであるが、
さっきまでMonsterに乗っていたせいか、結構コンパクトに感じる。
(Monsterのハンドルは、遠いうえに幅広なもんで)

今回は、バイク屋さん先導付きの試乗である。
10分程と短く、走るのは公道なのだから、
そんなにいろいろな事が分かる訳じゃ無い。

で、率直な感想。
コレ、結構速いよ。

普通に、街乗りやツーリングで使う回転域に十分なトルクがあるから、
現実的に速いバイクになってるんだな。

なんだか上手く言えないのだが、
エンジンの力が、そのまま『す~んと』バイクを前に進めてる感じがする。

もしかして、これが『クロスプレーンコンセプト』なの?
これが『マスターオブトルク』って事?
な~んてね。
自分どうやら、YAMAHAの仕掛けた呪(しゅ)に、やられるみたいですね。(笑)
Monsterの空気圧とかチェーンの張りの調整したほうが良いのとチャウ?(爆)
自分のバイクが整備不良じゃ、試乗なんかしたって意味ないスからねェ。(苦笑)

試乗の中で、高回転まで使うシーンは無かったので、
回したらどうなるのかは分からないが、
排気量相応のパワーを持っている事は、想像に難くない。

常用域で十分速く感じるんだから、回したらどうなるか推して知るべしだな。

曲がってみても、
軽く倒し込めて、シューンと曲がっていく。
うん、気持ち良く曲がる。

正直、思った以上に良い出来に、驚いてしまった。
むしろ、自分の使用状況から考えると、
MT-09よりも楽しめるんじゃないか・・・なんて思った。

雑誌かなんかで、大型免許を取って最初に買うバイクに最適!
なんて記事を見かけた気がする。
それはそれで否定はしないけど、なんのオヤジが乗っても十分楽しめる。

かと言って、『じゃあ、コレ買うか?』と言われたら、
『即OK』って訳でも無いのである。

親父ゴコロは複雑なのである。

エンジン回り。

むしろMT-09よりもバイクらしくてカッコ良い。

超お買い得プライスと、MT-09の弟分的な立ち位置により、
安物疑惑もあったのだが、全然そんな事無いス。
立派な出来だと思います。

メータ回り。 フル液晶です。

好みが分かれる部分カモ。
って、ゆ~か!
早く、眼鏡型端末に必要な情報をDisplayする時代になって欲しい。
メーターなんて不要になる。

キーの位置が、あんな所だぁ~。

シート。

最近流行りのサドル型。
10分くらいの試乗で、良し悪し分かりません。(ははは~)

MT-07って、軽量って事で話題になるけど、
じゃあその軽量って、どんなもんなの?って、話。

重量的に近いバイクって何だろうって、探してみたら、
なんと、SR400が引っかかった。

MT-07の車重 179Kg
SR400の車重 174Kg

MT-07のエンジン出力 54kW(73PS)/9,000r/min
SR400のエンジン出力 19kW(26PS)/6,500r/min

以上、ヤマハ発動機のHPより。

ぶっちゃけ、MT-07というバイクは、
SR400よりわずか5Kg重いだけなのだ。
SR400って、それほど軽量化を重視したバイクでも無いと思うけど、
空冷単気筒だし、400ccクラスのネイキッドバイクでは軽いほうだ。
それを思えば、MT-07・・・いや、MT兄弟の軽さは、やはり異常である。

それが、こんなプライスで出てきた事を、素直に驚きたいと思う訳です。

で、バイク選びという観点から見たらどうなの?

今年の新車では、MT-09とMT-07の兄弟が台風の眼だったと思う。

こんなモノが出てきたって事を、
ながらく停滞していた、国産バイクメーカーの目覚めの一撃と思いたい。

MT-07を試乗してみて、かなり良いと思ったと書いた。
でも、買うという決断に至らない・・・・・・・・それは何故か!?

MT-09の存在である。

MT-09も、なかなか面白いバイクなのだが、
凄く良く出来ていても、その4気筒的フィールのエンジンは、
ちょっと、自分の求めているものとは違うと思ったのだった。

だがしかし、モタード風味のMT-09は、
柔らかく良く動く前後サス、
直立に近いポジション、
オフ車的幅広ハンドルを持っている。

オフ車から、この世界に入ってきた自分。
そういうモノが、たまらなく好きなのである。
(ステップ位置だけが、若干好みに合わなかったりするけど・・・・・・)

捨てがたいのだ。

対して、MT-07のエンジンには、無条件で期待してしまっている。
これぞ、求めていたエンジンである。(キッパリ)

う~むである。

個人的に勝手を言わせて貰えば、
逆なら良かった。

MT-09は、活発なエンジンを活かした、流行のストファイスタイルのネイキッドで、
MT-07こそ、モタード風味の、幅広ハンドルに柔らかサス。

MT-07のエンジンと軽量な車体なら、その方向性でも良いモノななっただろうに。
それなら、自分、即決していたかも知れないっス。

しかし、そうでは無かった。
人生、すべからくそういうモノである。

思い通りには行かないのである。

人々から蛇蠍のように嫌われていたが、俺はちょっとだけ尊敬していた、
某社の某社長のお言葉を思い出した。
『子犬のプルーさん、思い通りに行かないのが人生なんですよ。』

今再び、その言葉が、俺の胸に染みるのである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク