2013北海道 Vol-6 弟子屈 標津 野付 With DUCATi Monster

2013.6.20(木) 第6日目 (道内5日目)

雨と霧のオホーツクを延々走って、
たどり着いた、道東の入り口。
今日からは、のんびりと道東を楽しもう。
DUCATi Monster S2R
天気予報も悪くない、
知床にでも行こうかな。

しかし、天気予報とは、
実際に目で見て肌で触れる天気は違うのであった。

初  稿:2013年7月

<<目 次>>

  1. なつかしき道東は雨!
  2. 青空を求めて、道東の道を行くのだ!
スポンサーリンク

なつかしき道東は雨!

甘くない、番外地!

宿を出る、雨はほぼ上がった状態である。
路面はウエットだけどまぁいいか。

R238→R244と能取湖沿岸から網走市内を抜け、
斜里方面へ向かおう。

ところが、網走市街で、雨。
まだ、走り始めたばかりなのに、
結構強い降りになった。

宿でせっかく乾かしてもらった靴が、
30分でビショ濡れ。
再び、靴の中を水が流れる状態になってしまった。

堪らず、小清水原生花園に避難。
DUCATi Monster S2R
駐車場内を水が流れている。

タブレットで雨雲状況を見れば、

ウソのように網走付近だけに、
ぽっかりと丸く雨雲が!

さすが番外地。
空も男泣きに泣いてるって訳だ。

雨を避けて内陸へ逃げる

オホーツク沿岸の気候が厳しいってのは、
身に染みてわかりました。

今日のところは知床も断念して、
内陸へ逃げよう。
R244→R391へ。

内陸へ入り、数キロも走れば、
まだ路面はウェットだが、雨は上がった。
DUCATi Monster S2R
R391を南下し続ける。
走るほどに、徐々に路面の乾いている部分が増え。

野上峠を越えてみれば、
ついには、路面は完全にドライに!
DUCATi Monster S2R
もう少しで、屈斜路湖。
雨は上がったが、寒い事は変わらない。

濡れてしまったので、
なおさら寒さが凍みる。

靴下を絞れば、
ジャブジャブと水がしたたるのである。

弟子屈に立ち、どっちに行くか考える。

とりあえず、どっかで休みたい。
で、摩周温泉の道の駅。
新しくて綺麗な道の駅である。

足湯があったので、暖まろう。
DUCATi Monster S2R
足を温められたのは有り難い。

グショ濡れの靴下も、
1時間もココで暖まっていれば、
少しは乾くかな?・・・なんて思ったけど、
関西弁の集団に取り囲まれ
退散と相成りました。

時間も頃合い、メシにします。
セイコマのパンと暖かい缶コーヒー。
DUCATi Monster S2R
100円のカステラを発見。
DUCATi Monster S2R
懐かしいので、思わず購入。

天気予報を確認すると、
全道でも根室方面だけが晴れ。
晴れてる土地を目指すのは、
北海道ツーリングの基本。

よし、南へ向かおう!

濡れた靴下は、どうしたかって?
もちろん、バックミラーに縛り付けて乾かすのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク