湯田川温泉・由豆佐売神社・その他 2019夏 北東北ツーリング(4)

2019年夏のツーリングは、
岩手/青森/秋田を中心に東北を走る。

ツーリングも終盤戦。
山形の湯田川温泉と最終日の行程を記載してます。

初 稿:2019年8月

スポンサーリンク

2019夏・北東北ツーリング (4) 湯田川温泉~フィナーレへ

◆◆◆ 目  次 ◆◆◆

1.北岩手快走と久慈あまちゃん巡礼 2019夏 北東北ツーリング(1)

2.下北半島周遊 尻屋埼・大間・恐山 2019夏 北東北ツーリング(2)

3.八甲田・十和田湖・八幡平・田沢湖 2019夏 北東北ツーリング(3)

4.湯田川温泉・由豆佐売神社・その他 2019夏 北東北ツーリング(4)

5.ツーリング総括・データ編 2019夏 北東北ツーリング(5)

4. 湯田川温泉・由豆佐売神社・その他 2019夏 北東北ツーリング(4)

4-1. 由豆佐売神社・湯田川温泉(1)

湯田川温泉のほぼ真ん中にある外湯は、
『正面の湯』という名前である。

その『正面の湯』の向かいの路地に入ってみる。
鳥居が見えるので、
ああ・・これは参道なのだ・・・と気付く事になる。

由豆佐売神社「ゆずさめじんじゃ」である。
創建はなんと白雉元年、西暦なら650年
1300年以上昔の時の彼方だ。

石段は苔むしているが、境内はきちんと手入れされている。
手水舎でも、ちゃんと水が流れていた

石段を登って行く。

この建物、
本堂かと思ったが、後から調べたら拝殿であった。

本殿は、石段を登ったさらに奥にあったようで、
見られなかったのが今でも残念だ。

1300年以上の歴史、それは神社としての年月。
古い神社は、それよりも古い時代から信仰の場である事が多い。、
ここも多分そうなのだろう。

自然にそう思える、ここはそんな場所なのだ。

拝殿の下の石段から、参道を見下ろす。

この場所、なんだか懐かしい感じがする。

子供の頃住んでいた町の小さな神社を思い出す。
年に何度か町内の皆が集まって掃除した・・・・・みたいな、
もしかするとここでは、
そういう事が1300年以上続いているのかもしれない

石段を降りて、温泉街の方へ戻ろう。

4-2. 温泉街について・湯田川温泉(2)

参道を温泉街へと歩くと『正面の湯』へ戻る。
あぁ、神社の正面だから『正面の湯』なんだ。

昨日の夕暮れ。
宿の下駄をつっかけて、角の酒屋へビールを買いに行く
この『正面の湯』の前。
ジャージを着たJKふたり、夢中で何か話し込んでる。
小さな子供を連れた女性が入って行く。

まるで、昭和の時代のホームドラマだね。
夕焼け空。夏休みの1日。

『正面の湯』の向かいは足湯になっていて、
そこに『藤沢周平』と記されたカンバンがある。

『藤沢周平』ゆかり・・・と言う事で、
ちょっと小説風に書いてみたつもり・・・・ですが!
どうでありましょうか?
小説風になっていたでしょうか?

『藤沢周平』の小説の中には、
架空の東北の小藩『海坂藩』を舞台とする作品群があります。
『たそがれ清兵衛』『武士の一分』『蝉しぐれ』など、
映画化された作品も多いですね。

その中に、この湯田川温泉が出てくる作品があるって事です。

1300年前からの温泉地ですので、
江戸時代は、湯治場として栄えたのでしょう。

で、この湯田川温泉。

温泉街とは言いますけれど、
5分もあれば端から端まで歩けてしまいそうです。

建物は、高層ビルなど皆無で多くは2階建て程度、
その建物のほとんどが、
昭和の時代から存在している感じです。

宿で持ち込みOKと言ってくれたので、
角の酒屋で地ビールを買って来ました。

風呂と夕食の間の幸せな時間ですねー

こじんまりとした静かな温泉街。
良い意味の昭和が残ってる、
居心地の良い空間でした。

↓湯田川温泉観光協会公式サイト

http://www.yutagawaonsen.com/
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク