2018/8/12 夏のクネクネ旅(2) 新潟・福島編 with YAMAHA MT-09 TRACER

夏休みツーリング、2日目です。
YAMAHA MT-09 TRACER
昨日のクネ道三昧で疲れた体に鞭打って、
さらなるクネ道地獄!
『奥只見』へ向かいます。

初 稿:2018年9月
<<目 次>>

  1. あえて困難な道を選ぶ事に理由など無い!
  2. 山道、眺望、秘境。
  3. 神秘のダム湖・・・なの? 奥只見湖。
スポンサーリンク

あえて困難な道を選ぶ事に理由など無い!

一応、そういう予定ではありますが・・・・

かねがね行きたいと思ってたけど、
何故かなかなかチャンスが無い。

自分にとっての奥只見はそんな場所でした。
相方のひらけん助さんも似たようなもんだった。
そんな事もあって、割とあっさりと、
今回の復路のコースに設定と相成りました。

ただし、厳しい道中となりそうなので、
天候が少しでも心配であるならば断念しよう!
と申し合わせておりました。

おかわり食べて、さぁ出発だ。

宿の朝メシ。
YAMAHA MT-09 TRACER
炊き立てご飯が嬉しい、宿の朝メシ。
普段やらない、朝のお替りまで・・・・・・・・・(^^;

ライダー側は満タンになりました。
バイク側は昨日の夕方満タンにしてあります。

さぁてと! 後半戦スタートです!

新潟県横断。 海から山へ!

さらば日本海!
また来るゼ。
YAMAHA MT-09 TRACER
新潟県を、西から東へ横断。

ローカル国道や県道を適当につないで進む。
YAMAHA MT-09 TRACER
軽トラさんに捕まらなければ、
そこそこ快走できます。

思うに、日本という国は、
大都市圏や一部の渋滞ポイントさえ外せば、
そこかしこに快走路が見つかるものですよねー!
ありがたい事です・・・・・・・・・・(^^ゞ

ファミマのイートインで休憩。
YAMAHA MT-09 TRACER
食べる牧場ミルクにコーヒーをプラスしてみた。
微妙・・・・別々に食べても良いかなー・・・・・・・(^^;

そんな感じで、
奥只見入り口の小出方面へと進みます。

ライダーにとっての奥只見とは!

今ではもう、
秘境という事でも無いと思います。

トンネル主体のシルバーラインが出来て。
難所を走らずにアプローチ可能になりました。
以来、
スキー場が出来たり!
遊覧船が就航したり!
だいぶ変わったようです。

ただし、シルバーラインは2輪走行禁止です。
2輪で行くなら昔ながらのルートで、
相変わらずの難所となっております

ロング&ワインディングな道を、
ガッツリ堪能出来るハズ!
YAMAHA MT-09 TRACER
樹海ライン/R352
新潟県の魚沼と福島県の桧枝岐をつなぐルート。

コアなワインディング部分だけでも、
60Km以上はあるんじゃないかと思います。

本物のワインディング・ロード(険しい道)!
との評判であります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク