2015/8/8 東北ほぼ縦断ツーリング(2)夜の部 with YAMAHA MT-09 TRACER

泊りのツーリングの楽しみ。
昼間は、景観を見て、知らない道を走って楽しむ。

そして、夜の楽しみはやっぱり、メシと風呂・・・・であります。
さて、八幡平は松川温泉の夜は、いかがな塩梅となりましょうか?

2015年8月 初稿

<<目 次>>

  1. 松川温泉・夜の部
  2. 松川温泉・お風呂・昼の部
スポンサーリンク

松川温泉・夜の部

30年ぶりの八幡平

八幡平リゾート。
遠い昔、まだ東八幡平と言ってた頃。
正月休みをスキー場で過ごす為に来た事がある。
まだ青春的に生きていた、遠い日々。
あれから、30年近くもの月日が流れたとは・・・・
感無量である・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

その懐かしい、八幡平リゾートを過ぎ、少し樹海ラインを登ると、
松川温泉に至る。

清流の横を走るのは、地熱発電のパイプラインである。

この地が、豊富な温泉資源を持つ証拠と言えよう。

これが、松川温泉地熱発電所である。

定格出力23,500Kw。 (wikipediaより)
こいつが40基もあれば、原子力発電所1基ぶんくらいなのかな?

ともかくも、今宵の宿、松川温泉、松川荘に到着である。

まずは風呂。
ぐいっと、ビール。
そうして、ゆっくりとメシを喰いたい。

山の幸づくしの夕食を楽しむ。

山の幸づくしのお膳がど~んと出た。

旅館メシの華、固形燃料料理は、
ほろほろ鳥の陶板焼きです。

あっさりしていて、クセが無い。
肴になります・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

岩魚の塩焼き。

説明の必要もなかろう。
肴になります・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

岩魚の刺身。 (※増し料理です)

やはり川魚は、淡泊な感じなんですね。
肴になります・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

そして、人生初体験。
岩魚の骨酒。 (※増し料理です)

おぉ、想像していた感じとは、かなり違ったけど。
なかなか乙な味わいです。
肴・・・いえ、酒と肴が一体化状態です・・・・・・・・・(^^ゞ

そしてやっぱり、こいつが無けりゃ始まんないスねェ♪

存分に行かせていただきます。

実は今回のメンバー、自分以外は、あまり飲まない人達。
ひとりで酔っては恥ずかしい・・・・・・・・なんてもう、そんな歳じゃねェゼ。
勝手にやらせていただきます・・・・・・・・・・・・・・(^^ゞ
結局、他の人は味見程度に終わった骨酒(ほぼ2合)も平らげて、
いささか、飲み過ぎの風情。
これでいいのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク