2015/5/4 GW東北ツーリング(2) with YAMAHA MT-09 TRACER

GW東北ツーリングレポート 第2弾!

友人Aとの合流を果たし、ツーリングは後半戦へ突入!
YAMAHA MT-09 TRACER
『温泉』と『海の幸』の夜の部から、
 海岸線を南下する2日目の旅のレポートです。

初  稿:2015年5月

<<目 次>>

  1. 碁石海岸の宿
  2. 東北・太平洋岸の景色
  3. そして再びの、ひとり旅
スポンサーリンク

碁石海岸の宿

碁石海岸の民宿で、温泉と海の幸を堪能する♪

宿に入る。

友人Aは、昨日からツーリングしているって事だけど。
さっき連絡があって、通行止め→大迂回といった状況に見舞われ、
少し遅れるって事です。

先にチェックイン。
部屋からは、この眺望。
YAMAHA MT-09 TRACER
モヤっているところが多少残念ではあるが、
うん、悪く無い・・・・・・と村上春樹風に納得する。

とりあえず、缶ビール飲んで
『ぷはぁ~、たまんねェ~♪』なんて事やってると、
友人Aが到着。

まずは温泉だゼェ~★
こういう時って、
それぞれのツーリング道中の話が尽きないよねェ~★

海の幸が呼んでいる

そうして、海の幸の宴に突入。
テーブルには宴会料理がスタンバイ、 『おう、待ちかねたゾ!』
YAMAHA MT-09 TRACER
写真中央、小鉢に入った黄色い物体! 『ほや』である。

磯の王様・・・だとか、
いままでの自分、
そのあまりに強い磯のパワーに敗退に次ぐ敗退を続け、

『ほや』相手に、1度も勝利した事が無いのです。

今宵こそはと口に運べば、
磯のパワーが強すぎるなんて事は無く、
むしろクセの無い味。

結構、いけるじゃないか

・・・『悪く無い』と再びの村上春樹風・・・・・(^^ゞ

かくして、
生涯初めて『ほや』に勝利する事が出来たのである。
やっぱり鮮度なんだろうなぁ。

脇役的にひっそりと置かれているかれいの焼魚も旨い
普通なら、脇役に甘んじる役者では無いですねェ。

キタ~☆! 刺し盛りだぁ~。
YAMAHA MT-09 TRACER
言葉はいらない、喰えば良い。

そして、この巨大な煮物は、『カジキの兜煮』!
YAMAHA MT-09 TRACER
3日かけて煮た・・・とかで、確かに骨まで食べられる。
あの大きな魚の頭の骨を、食べられるまでに柔らかくするって、
たいへんな事だと思う。

こうまで、海の幸を並べられて、
飲まずに済むハズが無い。
YAMAHA MT-09 TRACER
は~い、ビールにポン酒、じゃんじゃん来なさい♪

うまい魚で、キリリと冷えた日本酒を飲むって、
なんでこんなに幸せなんだろうなぁ~・・・・・・・・(^^ゞ

最高の海の幸・・・
いやいやむしろ、バイクやツーリングの話を肴に、
宴は続くのでありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク