2013/5/30 ユニセラTG入手したヨ!

貰って嬉しいプレゼントとは?

常日頃から、良いなぁ~欲しいなぁ~とながめていても、
ちょっと贅沢な気がして手を出せずにいた。
貰った時に素直に一番嬉しいのって、
そんな感じの物ですよねェ♪

初 稿:2013年5月

スポンサーリンク

ユニセラTG入手したヨ!

◆◆◆ 目  次 ◆◆◆

  1. 七輪よりずっと高額なBBQコンロ!
  2. ユニセラTG 購入顛末記
  3. ユニセラTG さぁ開けてみよう!
  4. もうひとつのプレゼント

貰ってうれしい贈り物!

七輪よりずっと高額なBBQコンロ!

興味があり欲しいのだけれど、ちょっと手が出ない。
自分にとって、ユニフレームの『ユニセラTGⅢ』は、
まさにそういう物でした。

ユニセラTGとは、
卓上型バーベキューコンロであります。
メーカーのサイトによりますと、
9900円と価格設定されています。

自分にとっては、
ほぼ1万円もするバーベキューコンロって、
間違いなく贅沢品です。

なにしろ、七輪なら1000円ちょっとで買えて、
機能面でなんら変わりませんからね。

そんな訳で、興味はあるものの、
なかなか手が出せなかったのですが、
今回、職場の皆さんから、
餞別&記念品をいただけるってんで、
ユニフレーム『ユニセラTGⅢ』をリクエストした次第であります。

さてその顛末はいかに?
いったいユニセラTGって、どんなヤツなのか?

ユニセラTG 購入顛末記

しかし、このユニセラTGⅢ、
かなりの人気商品のようです。

メーカーサイトによりますと
1993年の誕生以来、
抜群の耐久性と燃焼性能で追随を許さない
「日本の炭焼きグリル」ユニセラシリーズ。
と書いてあります。

なんと20年間も、商品として存続しているのです。
さらに、
いくつか通販サイトを見ても、
何軒かのリアルなお店をのぞいても、
コイツほとんど値引き無しで売られています。

つまりコイツは、
『値引きしなくても売れる超ロングセラー商品』なんス。
これはチョットというか、かなりスゲェ~事です。
バイク界で言えば『スーパーカブ』のようだと思えば、
なるほどスゲェ~って事になりましょう。

かのHONDAだって、経営トップから技術者の皆さんまで、
F1で優勝出来るマシンを作るよりも、
スーパーカブのように何十年もヒットを続ける商品を、
作るほうが、何倍も難しい。
・・・・・っと口を揃えて言っているかどうかは知りませんが、
そう思っているハズです。

自分は、キャンプの時の炭火コンロは、
ずっと七輪を愛用してきました。
燃費も良く使い易いんですがちょっと壊れやすい面がある。
使っているウチに、熱で脆くなっちゃうんだよね。
ことに、
クルマの移動中に中底が破損する事が何度かありました。
(中底はホームセンターで部品として手に入りますが)
キャンプで使う炭火コンロ!
そろそろ別の物を考える時期に来ているか・・・・・
などと考えておりました。

そんな折も折、2012年秋、
ユニセラTGはマイナーチェンジして、
ユニセラTGⅢになったらしい。

なんでも、
本体が分割出来て丸洗い可能になったらしい。
20年の時を経て、使い勝手を向上させて、
益々完成度に磨きをかけたって事だ。

そんなこともあって、
前々から興味津々なアイテムだった訳で、
チャンス到来とばかりに、
上述したとおり、
『ユニセラTGⅢ』をリクエストしたのであります。

で、手渡されたのは、
餞別の実弾10,000円と記念品代って事で商品券10,000円

記念品って、
普通は品物を手渡されるのかと思ってました。
ま、い~や。ありがたく頂戴いたしましょう。

何はともあれ、
実弾と商品券合わせて手元に20,000円あるからネ~。
こいつを全部投入して、
ユニセラTGとその周辺機器を購入する決意を胸に、
10年オーバー10万キロオーバーのダイハツハイゼットターボを駆って、
買い物に出かけたのであります。

まずは、ゼ○オスポーツに行きます。
リッドや専用キャリングバッグ等の周辺機器はあるのに、
ユニセラTG本体が無い
聞いてみても、やはり在庫が無いようです。

本体が無いのじゃ話になりません、
ではワイル○ワンに行こう。
ゼビ○スポーツとワイルド○ンは、
街の東西の線上の丁度反対側に位置し、
街を横断しないと行けないのですが・・・・・・

で、ワ○ルドワン!
本体やリッドその他の周辺機器はあるが専用キャリングケースが
無いではないですか!

仕方が無い。
本体とリッド(フタ)をココで買って、
もう一度街を横断して、
専用キャリングバッグをゼビオ○ポーツで買いました。

ハぁ、無駄なCO2を排出してしまいました。
とにかく、入手完了しました。

ユニセラTG さぁ開けてみよう!

ユニセラTG本体です。

割とコンパクトな箱で、ずっしりと重みがあります。

箱から出すと、こんな状態。

パーツ点数は、それほど多く無いですね。

組み立てると、こんな感じ。

誰でも、2~3分あれば組み立てられるでしょう。

次は、リッド(フタ)です。

こいつがあれば、蒸焼き風の調理が出来るハズ!
ピザくらいは焼けるのではと、期待しています。

リッド装着状態!

はい次、ユニセラBOX(専用キャリングバッグ)です。

丈夫そうなバッグと中袋が入ってました。

中袋は、
ユニセラTG本体がスッポリ収まります。

さすが専用です。
周辺機器まで一緒に、具合よく収まりました。

まだ、使った訳では無いので、
何とも言えませんが、
コイツがヒットした理由を想像してみますと、

一言で言えば、
丁度良い大きさちょっと良い質感なのかなと思います。

20年前のバーベキューコンロなんてロクなもの無くて、
アメリカンドリーム的なヤツを、
日本に合わせて安価に作ったようなのしか無かったのじゃいかな?

なんとなくそれらしい形をしていれば良くて、
材質も塗装もなんかネェ的な・・・

そういう商品が、大半を占めるなかで、
どう使われるか考えて、
卓上で使える丁度良い大きさを考えだした。
ドシっと厚みがあり、
見た目も美しいステンレスを使ってしっかり造る。
そういう、
まっとうな取り組みで造られたモノのような感じます。

実際にコイツ、丁寧に使えば一生使えそうな感じです。

未使用の状態で、ツベコベ言っても始まりません。
次のキャンプで実際に使ってみます。

ちょっと番外編。

以前使っていたスイスアーミーナイフを紛失して幾歳月。
とりあえず何か手持ちのナイフが無いと困るので、
『肥後の守』を使ってました。
今回、ついでにスイスアーミーナイフも新調しました。
このふたつのナイフを比べると、
切れ味は、圧倒的に肥後の守が優れています。

スイスアーミーナイフは、
いろいろ使える便利なマルチツールです。
ナイフと言ってもこのふたつは、
まるで性格の異なる物だとわかります。

両方それぞれに、良い道具ですね。

【収支報告】
ユニセラTG本体・・・ 9,900円
ユニセラリッド・・・・ 2,900円
ユニセラBOX・・・・ 3,899円
スイスアーミーナイフ・ 2,688円
合 計・・・・・・・・19,387円

プレゼントしてくれた皆さま、
ありがとうございました。
ユニセラTGⅢ大切に使いたいと思います。

613円残りましたので、刺身でも買って今夜の肴にしよう。

もうひとつのプレゼント

以前所属した職場の女子メンバーの皆さんからも、
記念品をいただきました。

おお、いかにもプレゼントらしい包みです。

ちょいとお洒落な、卓上扇風機が出てきました。

さすが女子の皆さん、可愛いデザインのものを選びますね。

まったくの有志のプレゼント!
こういうのって、嬉しいですね。

皆さん、ありがとう。
大切に使わせていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク