2017/1 革製品がどうにもならない時の対処法!

正月休み中の話ですが、
珍しくも、革製品の手入れなど始めてしもうた。

しかしながら、
この30年物のMXブーツ・・・・さすがに傷んでる。
エキパイに当たるトコ焼け焦げてるし・・・・・・(^^ゞ

2017年1月 初稿

◆◆◆ 目  次 ◆◆◆

スポンサーリンク

皮製品の手入れ・レザークリーナー編

レザークルーナーで拭き拭きしましょ(笑)!

自分、革製品の手入れと言えば、
『ミンクオイル』だと思っておりました。

が、
クシ○ニショップの店員さんによると、
それは昔の話で、今はずっと良い物があるって事で、
進められたのがコレです。

レザークリーナー。
買ったは良いが、1度も使っていない。

一丁これで、革製品のお手入れでもやるかっ!

ボロタオルに少量出して・・・・と、

拭き拭きすれば良いようです。

取りあえず、革パン拭き拭き完了。

心なしか、綺麗になったような・・・・・・・

あんまり変わらないような・・・・・・・(^^ゞ

ロード用ブーツも拭き拭き・・・・・・(^^ゞ
Biforです。

Afterです。

うーん・・・・少しは良いかなぁ・・・・

グラブも拭き拭き。

これらは、そもそもあまり古く無いので、
Afterのみです。

オフ用ブーツも拭き拭き。
Before。

After。

これに関しては、淋しい結果です。
全然ダメだ。

そもそも、傷みが酷すぎます。
ロクに手入れもしないで過ぎ去った、
30余年の歳月は重いです。

クリーナーで拭き拭きしたところで、
傷付きヒビ割れた革がどうにかなるハズも無い。

って言いますか、他の革製品も、
イマひとつ、実感的なものが薄いんですよねェ~

せっかく革製品の手入れをしたのなら、
ギラギラ感が欲しいんですよねー。

本当にコレで良いのだろうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク