2015/4/26 初夏 北茨城ツーリング with YAMAHA MT-09 TRACER

数年ぶりにマスツーを企画してみました。

ありがたい事に、古い馴染みも集まって来てくれました。
『初夏』という言葉が、これほどピッタリくる日はあるまい!
と思うほどの好天にも恵まれました。
YAMAHA MT-09 TRACER
すべてが好条件のこのツーリング!
不安要素は、ただひとつ
数年ぶりのマスツーで、
はたして自分、上手く先導して行けるのか?

ま、ここまで来たら行ってみるしか無いねェ~★

初  稿:2015年4月

スポンサーリンク

初夏。極上天気の日はバイクで海を目指そう!

ツーリングの朝、胸には懐かしいワクワク感♪

マスツーの幹事をやる時は、
一番先に待ち合わせ場所に到着するようにしている。
今回も、かなり早めに集合場所へ到着。

当然、一番乗り。
YAMAHA MT-09 TRACER
別に、殊勝な心がけなんて物では無いのです。

とりあえず、
朝メシのサンドイッチでも喰って、
缶コーヒーなんか飲んだり・・・

そうしているウチに、
1台、また1台とバイクが現れて来る訳ですよ。
そんな時間が、結構楽しいし、
どうでも良いヨタ話をしながら、
全員揃うのを待つ時間が良い。
だから、早めに行く訳なんですが・・・・・・・

えっ!
それなら、
自分が幹事じゃなくても早く行けばいいじゃん!
って、事ですか?

そりゃそうなんスけどね~、
そうも行かない場合も有る。
まっ、気合の問題だろ~けどね~。

まま、
ツーリングの朝のワクワク感を楽しみましょう。
久しく忘れていた『あの感覚』です(笑)

そうこうしているウチに、全員集合。
YAMAHA MT-09 TRACER
ひとりの遅刻者もいないなんて、さっすが~♪ 
みんな優秀ですね。

峠を越えてキタイバへ、山キタイバを楽しむ。

第一ステージ♪

さて、行ってみましょうか!
何年かぶりかの先導って事で、かなりドキドキしつつ出発。

芳賀の道の駅を出て、K61→K64→R294→烏山の市街

烏山の市街地を抜けてK29へ、
このあたりから山間ルートっぽくなります。
YAMAHA MT-09 TRACER
K29→R293→K29→K32へ

この狭さと路面を彩る黄色の縞模様!
来ました。タバッコ峠。
YAMAHA MT-09 TRACER
この道、山間ルートとして結構ディープだと思います。

タバッコ峠下り。
YAMAHA MT-09 TRACER
2車線と1車線の混合路、気が抜けませんね。

そして、農道1本目!
YAMAHA MT-09 TRACER

感動的なくらい、交通量が少ない。
YAMAHA MT-09 TRACER
なんて油断していると、
ふらふらと対向車線を登って来るチャリにドキっ!
チャリに注意・・・・・である。
決して対向車線にはみ出すような事はしていませんヨ~。

農道からR264→K205→K159→K160

この辺は、無用な遠回りであるが・・・・・
田舎道が気持ち良い
YAMAHA MT-09 TRACER
初夏の日差しを堪能である。

大子広域公園を横切り、K26へ出て、踏切と川を渡れば
休憩場所の、麻呂宇土さんである。

休憩時間は、まるで同窓会?

さて、休憩時間です。
YAMAHA MT-09 TRACER
数年ぶりに会った人達も多くて、
『いつの間に、バイク買い替えたの~?』
『え~っ、それってもう、5年も前だよ~』
なんて会話がアチコチから聞こえてくる。

まるで、同窓会の様相を呈している。
そんな事も、また良いもんである。

今日のおやつは、ブッセとサービスのコーヒー。
YAMAHA MT-09 TRACER
ここのウリは、
その場でクリームを詰めてくれる生シューなんだけど。

クリーム大盛り過ぎて、自分には荷が重いっス。(苦笑)

第二ステージ♪

山あいの町では、『さくら祭り』であるとか・・・・
ほぅ、このあたりは今頃桜なんだ!

とか言っているウチに、農道2本目。
YAMAHA MT-09 TRACER
随分と陽が高くなった、その分一般車が増えた。
それでも、まだまだ快走可能な状況ではある。

R349→R461 花貫峠である。

ここも良い道なんですが、
YAMAHA MT-09 TRACER
若干ですけど、ハングオンの人がいたりします。(笑)

農道をもう1本通り、K60→十王ダムで小休止。
これで、第二ステージ終了です。

丁度、時間となりましたので、
お食事処へ移動しましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク