2008北海道 わんことバイクとキャンプの旅 レポート2

2008年10月 

今日は、十勝エリアから釧路エリアへ移動!
道東深部に入り込んで行く訳だ。

2013年12月 初稿 (記事の内容は、2008年のものです。)
2017年12月 SSL化、独自ドメイン化に伴い記事の一部に追記・変更を加えました。

スポンサーリンク

2008/10/27(月) 絶頂期の花畑牧場 (3日目)

帯広から日高

『はにうの宿』に隣接している、花時計公園で朝の散歩。

朝日に向かって仁王立ちの静。

北海道の公園って、とにかく広い所が多いなぁ~。

はにうの宿を出て、R38。帯広市内を抜け、R236→帯広広尾自動車道へ。
幸福駅跡の近くを通り、R236へ戻り中札内へ。

花畑牧場。

平日ということあり、そんなに混雑していない。

売店に入って、目当ての生キャラGet行動に出る。
商品のほとんどが、生キャラ関係なことに驚いた。
駐車場は、あまり混んでないように見えたが、
レジは常に並んでいて、生キャラが飛ぶように売れて行く。
ぼく達二人も、割り当てのひとり3個づつゲット。
これまた評判の、瓢箪型チーズ「カチョカヴァロ」をやっと1個GET出来た。

<<<< 2013年追記 >>>>
この頃、たいへんな生キャラメルはブームでした。
今では、近所のスーパーで普通に売っております。
いやはや・・・・・・

宿泊の候補だった、キャンプ場「カントリーパークさらべつ」を視察。
(候補として検討はしましたが、結局『はにうの宿』に泊まる事になったのです)
サルベツの道の駅で零静を遊ばせる。
これで、十勝エリアでの全プログラム終了。

釧路エリアへ向かう。

K210→豊頃→R38へ。
豊頃付近R38は交通量が多く、流れが良くない。
イメージの中の北海道では、渋滞なんてあり得ないのだが、
現実はそうも行かない・・・・・・・・・・・(^^;  

海岸線に沿って東へ進めば、釧路エリアへと入って行く。

釧路圏へ。

洗練されてしまった、道の駅のめしがちょっぴり淋しい

白糠の道の駅。

海岸で、零静を遊ばせる。

零はそうでも無いけど、静は波を怖がって波打ち際まで行けない。

白糠の道の駅で、お昼。
10年前に来た時、(1998年頃の話である)
豚丼は、肉が2層構造の大ボリューム。
海鮮丼も、ザクザク切ったサカナ類を盛大に乗せただけだが、これまた大ボリューム。
繊細さは皆無だが、素朴で力強いメシでした。そこが良かった。

そいつの楽しみに行ったのだが・・・・・・・

良く言えば、洗練度を増した・・・・・とも言えるが、
要するに普通っぽくなってしまってる。
味は昔より良くなってると思うんですが、
なんだか淋しい・・・・・

道東・釧路湿原付近

今日からキャンプなので、食料の調達とハイエースに給油。
釧路を離れ、標茶、弟子屈方面へ。
R391を北上。塘路湖、シラルトロ湖の湖畔を通る。

ゆるやかなカーブとアップダウンの続く道。
良いシーズンにバイクでここを走れば、
それだけで幸せな気持ちになれそうな道。

ハイエースの旅も、それはそれは楽しいです。
が、
ワインディングを走る楽しさだけは、バイクのほうが上ですね。

<<<< 2013年追記 >>>>
5年を経てこの道をバイクで走る事が出来ました。
天気はイマイチだが、やっぱり素晴らしく楽しかった。

標茶からK13へ入り、間もなく虹別の町に至る。

『クルマの移動が多過ぎ・・・・飽きちゃったヨ』
『北海道が、広すぎるのサ』

虹別オートキャンプ場 (3日目その2)

虹別キャンプ場へ。
チェックインを済ませ、キャンプ場へ入る。
すでに陽は傾き始め、陽光は弱々しい。
まずは、零静をつれて散歩兼周囲の情報収集。

バイクをクルマから降ろし、
テント設営、車内の走行状態→就寝状態へと車内のレイアウト変更など
やっているあいだに、随分と日が低くなってしまった。

シーズン終わりで、今年の営業終了直前のキャンプ場は、閑散としていた。
自分ら以外のお客は、JEEPで来ているひと組のみ。

風呂だ。
風呂に入る為に、クルマで20Km程走る、北海道的ですね・・・・・・・・・・・(^^;
キャンプ場の紹介のクローバーハウスへ!
R243を南下すると上西春別というちいさな町がある。
その町の外れに、クローバーハウスがある。
ペンションということだが、銭湯のようなこともしている。

茶色の温泉
驚いたのは、蛇口から出てくるのも温泉だった。
湯量は豊かということだろう。
全身ツルツルだかヌルヌルだかで、ほんとうに暖まった!

<<<< 2013年追記 >>>>
以来、自分も少しは旅経験を積んだおかげで、
洗い場の蛇口から温泉が出てきても、驚かなくなりました。(笑)

途中セブンイレブンで延長コードをゲットしキャンプ場へ!
ウチのハイエース。
外部電源は装備したものの、車内にコンセント1個しかないもので(笑)

鍋と焼肉の、いつものキャンプごはん!

零と静も、お腹ペコペコだと言っております。

真露のお湯割りを2~3杯も飲めば眠くなる。
食器洗いをしていたら、消灯時間となり照明が消えてしまった。

でも、そのおかげで、星がもっと良く見えるようになった。
天の川がくっきり!

道東でキャンプするなら、天の川を見なきゃいけない!
コレを求めて、北関東から1000キロ以上走ってきた!
満足満足!

<<<< 2013年追記 >>>>
あの星空は一見の価値有りです。今でも変わりません。

零静を散歩させて、みんなで寝る。

ヒトもわんこも爆睡。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク