2017/6/4 162cmの挑戦→返り討ちローダウン with WR250R

スポンサーリンク

YAMAHA WR250R こんな奴です・・・・・・・・・(^^ゞ

WR250R! 見て行きましょう

いろいろありましたが、
無事に帰着しました・・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

改めて見れば、カッコ良い奴です・・・・・・・・(^^ゞ
YAMAHA WR250R

Fブレーキ、ウェーブですね・・・・・・・・・・(^^ゞ
YAMAHA WR250R
大型バイクのディスクを見慣れてると、
径が小さいのでビックリしますね。
効きは悪く無いです。
無論、オフ車としては・・・・・って事です。

リヤ側もウェーブです。
YAMAHA WR250R
TTRはドラムだったから、すごい豪華に見える。

4スト水冷、250cc単気筒エンジン。
R1の1気筒分・・・・なんて言われてるヤツ。
YAMAHA WR250R
まだ、ほんの数キロしか走らせていません。
ド新車ですから、極々大人しくね・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

ストトトトトト・・・・なんて、
オフ車らしくのどかな感じで回るんです。
低回転ではね。

ですが、
そこはかと漂う、高性能エンジンのオーラ。
って、それ気のせいですかね?・・・・・・・・・(^^ゞ

ラジエータです。
YAMAHA WR250R
結構、張り出し大きく感じます。
樹脂製のシェラウドのみで、ガード類は皆無。
確かにここが、アキレス腱かもです。

Fフォークです。
YAMAHA WR250R
流石に立派ですなぁ~・・・・・・・・・(^^ゞ
ストロークは270mm
このサスペンションこそ、オフ車の証であります。

面白ネタをひとつ!
左側のシェラウドの前側カバー。
YAMAHA WR250R
そいつを外します。

カバーの内側は、なんと!?
YAMAHA WR250R
書類入れになっております・・・・・・・・・(^^ゞ

ここに、登録証や保険証をいれて置け・・・って事みたいです。
輪ゴムみたいなので止めてある。
いったい誰が、ここにそんな物入れたいと思うでしょうか!?
気が付いた時には無くなってるって結果しか想像出来ません。

まーねー、メーカーのやる事ですので、
十分なテストとかやってるんでしょうけどねー

オフ車の書類入れって、
昔からこんな感じのモノが多かったですね。

現状で唯一の社外パーツ。
DRC製フレームガードです。
YAMAHA WR250R
この部分の塗装がハゲて、フレームの地金が光ってる。
それがオフ車乗りの証・・・・・・・・・(^^ゞ
昔はそんな風に思ってました。

今となっちゃネー・・・・・・・(^^ゞ
フレームが傷付かないようにガード付けました・・・・・・・・(^^ゞ

YAMAHA WR250R こんな感じです。
YAMAHA WR250R
取りあえず、慣らしやんなきゃね・・・・・・・(^^ゞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク